サイボーグ009

昨日(というか正確には今朝)、本にする原稿を編集していた時、
ずっとケーブルTVでアニマックスをつけていました。
4時から、「サイボーグ009」の平成版アニメの一挙放送が始まり、手を動かしながら
つい、食い入るように見てしまいました。

この作品に関しては、私は1979年にアニメ化された時、すごくはまって
(と言っても001-009の全メンバーの名前を未だに覚えられないのですが…)
特に、井上和彦さんが声をあてていた島村ジョーにはドキドキした覚えがあります。
なので、平成版を見てしまうと、どうしても出来に関わらず、思い入れが強すぎて
比較してしまうだろうなあ、あえてチェックしていなかったのですが、
原作に忠実、とか、作画が綺麗、とか、ラストは今まで描かれなかった完結編がある、
というウワサは聞いていたので、ずっと気にはなっていました。

それで。一言で感想を言えば、やはりキャラ萌えはしませんでした。
でも、ストーリーには引き込まれてしまいました。
各メンバーのエピソードをよく掘り下げたストーリーが素晴らしく、確かに絵も
原作の雰囲気を壊さず、古さは感じさせない作りになっていました。
せっかくケーブルTVで見られるのだから、これはチェックしておいて損はないかな?
などと思ってしまいました。
そして、やはり時代を超えた名作であることも、改めて実感しました。
サイボーグ達の生き方は、いろいろなことを教えてくれます。

でも、やっぱり昭和版(1979年)が恋しくなって、ついレンタルビデオで借りてきて
ジョーの声に萌えてしまった自分がいたのですがね(笑)
「誰がために」も大好きです。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini