ネットに潜む悪意

私はインターネットを、とても便利だと思っていますし、活用もしていますし、好きです。
もしインターネットがなかったら、知り合うことができなかったであろう、大切な人が
私にはたくさんいます。
しかし、ここのところ、ネットの暗部について考えざるを得ない事態が続いています。

世の中にはいろいろな人がいて、考え方も様々なので、私の書いていることが
万人に肯定されるとは思っていません。ですから、違った考え方や、反論も
ぜひお聞きしたいと思っています。
幸い、今は私のブログ及びHPでは率直にご自分のご意見を語って下さる方ばかりで、
大変感謝しております。また、身元も明かして下さっているので、分からない点は
こちらからも質問できて、助かっています。今後もどうぞよろしくお願いします。

しかし。
悲しいことに、最近私の耳に、ネット上での一方的な攻撃や誹謗中傷についての話が
頻繁に届いています。
インターネットが急速に普及した頃も、このようなことはありました。
しかし、またここに来て、私の周りでそのような話が多くなっています。
おそらくその背景には、ブログが流行したことも無関係ではないだろうと思っています。

今、私が問題にしたいのは、「一方的な」という部分です。本人の身元を明かし、
お互い連絡が取れる状態で批判的なことを言う分には、
それは「議論」にできる余地があると思います。
でも、ブログやメールフォーム、web拍手を利用して匿名で暴言を吐き、
相手だけを傷つける行為は明らかにフェアではありません。
人として一番卑劣な行為だと思います。

人と人には、意見の衝突、喧嘩、諍いはあって当然です。
また、どうしても相容れない人が世の中にはいます。
和解というのは、お互いに相手を理解しようとしない限りは生まれないことなので
一方的な場合は、それすら無理です。
もし、生身で相対して人と人とが争った場合、お互いに傷つきます。暴言を吐いた側も、
吐かれた側の反応は見えますし、反撃も受けることがあるでしょう。
しかし、こうして特定するのが難しい状態で、自分は何ら被害もなく悪意をばらまくことは、
私にはどうしても許せません。
私は自分の正義を振りかざすのは好きではないので、自分の信じるところを
人にまで押し付けることをしないようにしてきました。
しかし、今回ばかりは我慢なりません。言わせていただきます。
そうやって、ネットに潜んでしかものを言えない人は、最低です。
しかも、そんなものは意見でも何でもない、ただの文句かワガママです。
なので、敢えてこの記事に対する反論も覚悟で、ブログにて取り上げさせていただきました。

きっと、私がこんなことを書かずとも、そういう行為をする人は必ず因果応報で、
何らかの形でインターネットそのものから復讐されるでしょう。
ツールを誤って使えば、人はそのうち知らず知らず、ツールに使役することになります。

インターネットには通常社会とは違ったルールも存在する不思議な空間ではありますが、
それでもインターネットのルールとエチケットはあります。
2ちゃんねるにだって、2ちゃんねるのルールがあります。
ルールを守らない人は、インターネットからしっぺ返しを食らう。私はそう思っています。

参考サイト:ネチケットホームページ

ウイルスバスターの不具合

「ウイルスバスター」でPC障害、原因はチェックミス(読売新聞)

もろに当たってしまいました。
問題の最新版パターンファイルは、7:33から9:02までしか
配布されていなかったことと、組み合わせがWindows XP SP2か、
Windows Server 2003ではないと発生しないため、被害にあった人も
そんなには多くないようですね。
私の夫もウイルスバスターを使っていて、同じように自動更新しましたが
SP2を使いたくないという理由で、入れていなかったので
夫のPCはまったく被害にあいませんでした。
そのこともあって、私は自分のPCがついに壊れたとしか思いませんでした。
たまたま、DVD/CD-RWドライブの調子が悪くなり、ドライバを削除したり
関連しそうな作業をいろいろしていたため、そのせいだと思っていました。
さらに、先日、WINDOWSの更新で「セキュリティホールが発見されました」となって
更新したばかりだったので、「その前にウイルスにやられたか?」くらいにしか
思っていませんでした。
でも、それで実際にサポートに電話が殺到したり、PC自体を初期化して
修理に出したりしてしまった人もいるようで、本当に大変だったと思います。
ウイルス対策ソフトという「安全」を買って、PCを守ろうとしているユーザーに
不具合のチェックを怠って配信した、というのは、会社として
100%責任があるミスだと思います。

しかし、今回の事件で、私自身は改めて、自分のPCに対する姿勢を
見直す、いい機会になりました。
以前はこまめにエラーチェックやデフラグを行なっていたのに、
最近はすっかりXP頼りでした。ウイルスバスターにしても、ネットにつなげれば
自動更新してくれるので、最新のウイルス情報を、敏感にキャッチしようという
気持ちも、ほとんどなかったように思います。
今回の事件自体は、そういう姿勢とはまったく関係なく起こったことなので、
トレンドマイクロ社にはきちんと、今後このようなことがないように対策してほしいです。
でも、それとは別に、私自身も、PCに使われる状態ではいけないのだな、と反省しました。
SP2にしても、基本的には最新版を使用するのはベターだと思うのですが
自分のPC環境に合わせて、必ずしも最新版を使用するのがベストとは言えない、
というのも感じました。夫はそういうのをちゃんとチェックしていて
「フリーソフトで動作確認が取れていないのがあるらしいからね。
結構フリーソフト使ってるから」と言って、SP2を入れていないのです。
私もかなり使っているのに、SP2にしちゃってました(汗)
確かに、私も以前はアプリケーション同士の相性のことを気にしていたことがあり
相性が悪いとフリーズの原因にもなる、というのも知っていました。
でも、最近はすっかり怠ってしまっていました。
これを機会にPC頼みはやめ、PC環境を、自分で私に合ったものにするように
していこうと思います。

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini