« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »

浅田真央さん、羽生結弦くん、ロシア杯優勝おめでとう!

久しぶりにこちらのブログupします。
いや~、嬉しくて♪

浅田真央さん、羽生結弦くん、ロシア杯優勝おめでとう!

ロシア杯自体が、シングルに関しては比較的どの選手も
ミスの出てしまう大会となってしまいました。それは残念でした。
でも、その中で全体的なひとつひとつの要素をきちんとレベル高くまとめた浅田選手と、
前回の中国杯での教訓を生かし、4回転だけに集中せず、その後切り替えて
しっかり立て直し、体力配分もして最後まで自分の演技を貫いた、羽生選手が
アベック優勝です!

まあ、点数の出方に関してはやっぱり物議をかもしだしているところはありますが…
確かに、私も今回はレオノワ選手と浅田選手、どちらが優勝でもおかしくないかな、
とは思いました。
最終的にはステップの点差や、転倒がなかったこと、
また、浅田選手が強化している「スケーティングの滑らかさ」が決め手だったと思います。
レオノワ選手の表現、すごく好きなのですが、モロゾフの戦略で
徹底的に欠点を隠すものになっているので、お休みが多かったり、ジャンプが固まっていたり
バランスは悪いのですよね。
スケーティングもやや雑。
その辺りはソトニコワのプログラムの方が優れていると思いました。

もちろん、技術的には今回のフリーの浅田選手のジャンプ構成で勝つというのは
誰にとっても、すごく納得できるというものではないでしょう。
というか、本人が「50%の出来。悔しい。」とも言っていますので、それが全てです。
3Aを回避したことに関しても、挑戦しないと評する人がいましたが
そういう見方もできますけど、あくまでも浅田選手が今やっているのは
「ソチオリンピックに向けての過程」であって
「毎試合、優勝し続ける」ということではないということ。
今回のフリーのように、スピードを出しながらジャンプを跳ぼうとすると
うまくいかないときもまだある中、3Aを試合で入れ続けるよりは
他のジャンプが完璧になってから、3Aを試すというのも大事ですし、
優勝を狙うということではなくても、毎試合できるだけ完成形に近いものを
ジャッジに見せる、というのもあるのかもしれないな、と思いました。
結果的に、今回は完成形は出せませんでしたけど
NHK杯からの流れで、浅田選手がやりたいことというのは伝わりました。

それより…フラット選手や今井選手のSPの点数は低すぎましたよね…。
むしろ表彰台の3人より、私はそちらの方が気になりました。
やはり、今のフィギュアはPCSに関しては「実績点」になってしまっていますね。
その是非は問いたいところですが、ルールがそうである以上、
実績がない選手には不利ですね…。
昨年、安藤選手があれだけ「欠点のない演技」を目指して、演技をまとめる、
ということに集中した理由が分かります。
今のルールでは、それが最善なのですよね。高難度ジャンプよりも。
でも、やっぱりスポーツであるなら、このバランスはいいとはいえないように
私は感じます。

男子もそれぞれの選手がミスのある中、羽生選手が冷静に演技をまとめたのが
印象的でした。最後まで集中が途切れなかった!
凄味を感じました。
ステップでの転倒は残念ではありましたが、3Lzが単独になってしまったリカバリを
3Loの後に2Tをつけるという形でしっかりしてきたこと。
実はこれが優勝の決め手(もしつけてなかったら僅差の2位)だったこと。
これらを考えると、もうフィギュアスケートの神様が、羽生選手の3・11からの努力を
このような形で報いてくれた(GPFに出ることができた)としか思えず。
ひとり、夜中に号泣してしまった私でした(^^;;;

今日のエキシビションが楽しみ。
なのに、なんで中継ないんだあ~!!!(>_<)
…いいもん、ストリーミングでチェックするから…。

« 2011年9月25日 - 2011年10月1日 | トップページ | 2011年12月25日 - 2011年12月31日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini