« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ご祈祷 »

箱根駅伝

今年のお正月は、なぜかバタバタ~と過ぎてしまいました。
でも、恒例の箱根駅伝はしっかり観ました!
夫&弟が中大出身なので、中大を応援しつつ…
今年は、優勝&準優勝の早大と東洋大、
4位&5位争いの東海大と明大、
6位&7位争いの中大と拓大、
そしてシード権争いの8~11位、日体大、青学大、国学大、帝京大。
すごかったですねえ。近年まれに見る競り合いの多かった、面白い箱根だったと思います。
優勝の早大の復路、ほとんどの選手が区間2位でした。
安定した力を発揮することの重要さですね。
東洋大も惜しいところまで詰め寄っていました。
箱根駅伝がどうしてこんなに「特別」なのか…
やはり、普通のコースじゃない「山登りを含めたコース」が
いろいろなドラマを生むのではないかと思います。
そして、どんなスポーツもそうですけど、長距離であるがゆえに
「心・技・体」がぴったりとはまらないと、うまくいかないのだと。
ペース配分、他のランナーと競った時の心理戦。
自分をよく知っている人が、結局は上手にレースを展開できているように見えました。
もちろん、監督やコーチの指示もあるのでしょうけどね。

個人的には、今まで「天才」と言われてきたエース柏原くんの
今後の成長に期待です。
今までもすごい選手だと思ってきましたけど、
今季不調な中であれだけの走りをできたこと、
でも優勝は逃してしまい、挫折も味わったこと。
これが彼の中でどのように活かされていくのか。楽しみです。

中大は、地味だけどさすが古豪と言われるだけあって
底力がありますね。
昨日の往路の最初の方ではどうなることかと思いましたが、
キャプテン大石くんが順位を上げて、復路では危ないところもありつつ
最後まで粘って6位。
27年間シードを守り続けているということは、
毎年大ブレーキやアクシデントもなく、安定して10位以内に入っているわけです。
ある意味、優勝するよりすごいかもしれません。
その年のメンバーでどのように戦うか、ノウハウがあるのでしょうね。

お正月の楽しみも終わってしまいました。
あとは、まだ書けていない年賀状(爆)を仕上げて
明日からは通常モードです。

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ご祈祷 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/50483478

この記事へのトラックバック一覧です: 箱根駅伝:

« あけましておめでとうございます。 | トップページ | ご祈祷 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini