« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

高橋大輔選手、銅メダルおめでとう!&織田選手、小塚選手入賞おめでとう!

普段は昼間、TVをつけないようにしているのですが
今日は特別に生観戦しました。正座で(笑)
まずは…

高橋大輔選手、銅メダルおめでとう!
織田選手、小塚選手、入賞おめでとう!

高橋大輔の「道」。
今日の演技には、高橋選手自身の人生も重なり、
彼が表現したかったことが、全て伝わってきて
途中からは涙なしに見られませんでした。
日本男子初のメダル、ということ自体も快挙ですが、
いつまでも語り継がれるような、
素晴らしい演技だったと思います。
ジャンプが、スピンが、ステップが、ではなく、
全ての流れが一体となって、ひとつの物語になっている。
フィギュアスケートの美しさ、楽しさ。
PCS1位だったこともすごく嬉しいし、それに値する内容でした。
高橋選手のお母様が「私にとって金以上」と
おっしゃったそうですが、私も想いは一緒です。
すごく分かりますとも!お母様!
本当に本当に、おめでとうございます!!!!

さて簡単な感想。小塚くんから滑走順に。

KOZUKA Takahiko(日本)
いい表情から入りました。
4T降りた!!!!!
この時点でもう涙腺決壊(はやっ)
いいよいいよーと思いながら見守る。
今日もエッジワークが本当に綺麗。
でも、足元だけじゃなく上半身もよく使えるようになったよね。
後半の3Aドキドキしていたら、やはり転倒してしまったけど
それ以外は本当に素晴らしかった。
初オリンピックで、ここまで自分の力を出せたことが偉いっ!
必ず次につながると思います。
PCSひくーい。

TEN Denis(カザフスタン)
さすがのデニスくんも、ちょっと緊張してたかな?
いつもより抑えめというか、丁寧に演じていた印象。
でもまだ16歳、これからの選手です。
ソチではメダル争いに絡んでくると思うので、
これからの活躍に期待です。

van der PERREN Kevin(ベルギー)
3-3-3持っているくらいなのに、今日は3Aもお手つきで
何となく元気がなくて残念でした。
後半はちょっとバテちゃったかな…。

AMODIO Florent(フランス)
ジャンプが若干乱れる場面はあったものの、
19歳、これからに期待がかかる個性あふれる選手。
音感が良く踊れる選手だと思うので、
今後が楽しみです。

CHAN Patrick(カナダ)
スケーティングと表現は、確かにすごいと思った。
オペラ座の怪人というプログラムも彼にマッチしていました。
しかし、ジャンプでステップアウトや転倒があったのに
あの技術点、そしてPCS…
申し訳ないけど、演技は良くても白けた。
以前はもっと良かった気がするし。今日の演技であれですか???
(チャン選手好きな方はごめんなさい。彼が嫌いということではなく
今日の演技に対する点数に疑問、ということです)

BREZINA Michal (チェコスロバキア)
後半疲れ気味だったかな?
いつもの彼の勢いがなかった感じ。
でも欧州選手権4位はまぐれじゃないと思った。
来季はもっと上位に来そう。

いよいよ最終グループ。
6分間練習から、もう緊張しまくり。手にすごく汗かいていました。

LYSACEK Evan (アメリカ)
完璧!
昨季のグランプリシリーズ、彼は回転不足に苦しめられた。
そこから見事に這い上がり、
復活して昨年の世界選手権で金メダル!
4回転を入れずに王者になったことについて、
いろいろ言われた彼ですが、私は、彼の底力というか、
総合力と彼にしかできない表現は
王者の風格を感じさせると思っています。
今日の彼の演技を「無難」と言う方もいますが、
私は「逃げ」の4回転回避ではなく、
背水の陣の4回転回避だったと思う。
決してミスが許されない状況の中、
ここまでまとめあげたのはすごいです!!

ODA Nobunari (日本)
かなり緊張してそう。彼のチャップリンの
コミカルな動きが好きなのですが、
何となく乗りきれていない感じ。
でもジャンプは失敗する気がしない。すごいね。
と、思って見ていたらなんと!靴ひもが切れた!?
そんな…信じられないアクシデント。
でも、会場の反応がとても温かくて、思わず涙が。
演技中断による減点(-3)が痛かった。

LAMBIEL Stephane (スイス)
4回転は2回とも「何とか」という感じでした。
でも意地で降りてましたね!
他の要素で彼はすごいから、と思って見ていましたが
本人比で、今日はちょっとしっくり来ていなかった感じ。
それでも、こういう芸術性高いプログラムを
滑ることができる選手が存在しているということは、
大きな意味を持っていたように思います。

TAKAHASHI Daisuke (日本)
正直に告白します。
大ちゃんが開始位置についた時点で、
既に私は涙ぐんでいたのです。
だって、あまりにも迷いがない、
美しい顔をしていたのですもの。
4回転。やはり彼は有言実行の男。挑戦しましたね。
残念ながら成功することはできなかったけれども、
転んでも全くオーラの輝きは変わることなく、むしろますます増して
後半につながっていきました。
3Aを2回決めた時点で、完全に涙腺決壊。
本田さんのジャンプ解説って、跳んだジャンプの種類を言うだけで
出来栄えが分かると言われているくらい、
あまり余計なことはしゃべらず冷静な解説なのですが、
今日は本田さんの応援する気持ちもひしひしと感じました。
滑り終わった瞬間に思わず号泣。
大ちゃんの晴れやかなガッツポーズを見たら
今までの4年間、特にけがをしてからの1年が浮かんできて、
もうこらえきれなくて。
技術点が伸びず、意外にフリーの点数は
抑えられてしまいましたが、それでもPCSは
ランビエールよりも上の1位!!!

WEIR Johnny (アメリカ)
演じ切りましたね!ジョニーワールドを。
SPもフリーも、彼のできる完璧な演技だったと思います。
スピンが若干ぐらついて減点…とか細かいミスはありましたが
間違いなく、彼にしか演じられない独自の雰囲気が
会場を包み込んでいったのが分かりました。
…でも、点数が低い~。
ライサチェクが暫定1位だから、抑えられちゃったのかなあ…
もしそういう政治力だったとしたら、かなり残念。
でも本人は立派だね。ブーイングする観客を
「し~っ」となだめていました。

PLUSHENKO Evgeni (ロシア)
4-3コンビネーションはさすが!
…でも、いつもの勢いがあまり感じられない。
珍しく3Aの着氷、少し怪しかった。
軸が斜めになっているジャンプもあって、
らしくないなーと思っていました。
この演技で金メダルもなさそうだな、と。
それにしてもステップ…変。とっても変!!!
途中で止まって「わかめわかめ~」と踊っているし(爆)
プルシェンコの演技は以前からそんなに好みでは
なかったし、今季もやっぱり微妙、と思って
見てきたのだけれども、 彼が復帰して、
この場に立って演技したことは
やはり大きな影響を及ぼしたと思います。
「調子がいい」と言っていたけど、
実はそうでもなかったのかもね…。
やはりロシア国内選手権や
欧州選手権の時より勢いがありませんでした。

というわけで、高橋選手、銅メダルおめでとう!
に加え、日本男子は3人とも入賞!!!
これはすごいことです。
まさにフィギュアスケート日本男子は、今が黄金期ですね。
ソチに向けて、羽生くんや町田くん、無良くんが絡んできたら
また面白くなりそうだし、個性豊かな日本代表になると思います。
楽しみです。

で…早くもライサチェク選手の4回転なし優勝について、
あちこちで物議が。
女子シングルのことまで心配して、議論になっています…。
うーん。個人的には…4回転のある・なしというよりも、
プログラム全体をいかにまとめあげたか、という意味で
ライサチェクはSPもフリーもほぼミスがなかったわけです。
ペアの川口悠子さんも仰っていましたが、
「オリンピックではクリーンに滑らなくてはならない」のです。
だから心配しなくても、女子もミスをした選手が優勝する、
などということは、絶対にありえない!と思います。
今回の金メダルが4回転否定だ、という方もいましたが
金と銀は僅差でした。
プルシェンコ選手がもうちょっと気合い入れて
ステップを踏んでいたら勝っていたかも?(笑)
北米VS欧州という図式で考えても、
ライサチェク選手が有利だったわけで
もしこれがソチだったら、たぶんプルシェンコが金だった。
それくらい微妙なところだったのだと思います。

確かに、ISUの今の採点が「大技より精度」に
傾倒していることは、私も疑問に思っているところです。
前半の3Aよりも、後半に綺麗に跳んだ3Lzの方が
高得点になることがある、 などということは、
もうばかばかしくてしょうがない。
どちらが難しい技かは明白です。
加点で、ひとつ上のジャンプの基礎点を超えてしまうような
今のシステム、 どう考えてもおかしいです。
今回こうしてオリンピックという場で、
プルシェンコ選手・ライサチェク選手の演技を見て、
4回転というすごい技をやっているのに、その選手が
なぜ優勝できないのか? とたくさんの人が感じたとしたら、
ISUのルールもまた改正されるかもしれませんね。
わたし的には改正される方に期待していますけど。
ここで騒いでいると、まだアイスダンスと女子が残っているのに
そのネガティブパワーが悪い影響を及ぼしそうで…。
心配なのはすごーく分かるけど、終わるまでは前向きでいたいと
私は思っています。

長々と書いてしまいましたが、エキシビションが楽しみです!
高橋大輔選手のEX「Luv Letter」は素敵ですよ~♪
見たことない方は、ぜひエキシビションを
お忘れなくチェックして下さい☆
あのプログラムを、バンクーバーのEXで観ることを、
すごくすごく楽しみにしていたのです(*^-^*)

あとはアイスダンスと女子です!
今からドキドキ。今日鈴木選手が出発したようですが
浅田選手は明日出発かな。
無事バンクーバー入りできますよう。
そして、高橋選手の銅メダルを見て
テンションを上げてね!

バンクーバーオリンピック・フィギュアスケート男子シングルSP

たくさん書きたいことはあるのですが、
まずは上位10人+αのさらっと感想。
その後日本男子まとめです。
敬称略。

エフゲニー・プルシェンコ
最初のジャンプ3つが見せ場。回転不足と無縁のジャンプはすごい。
でも、その後はフツーの選手に見えました。特にステップ。
の割に点数は90点越え。

デニス・テン
期待の新鋭、鮮烈デビューでした!
16歳初出場でこの出来栄えは素晴らしい。
体の使い方が上手だし、ジャンプとステップがキレキレでしたね。
盛り上がりました。

高橋大輔
この大舞台でよくまとめた!
正直、もっともっと表現はできる選手だと思うけど、
でも五輪の緊張感の中、自分の持てる全てを出せたことは
本当にすごい。TVの前でスタオベしてしまいました。

ステファン・ランビエール
本当に競技に帰ってきてくれて、有難う。
「芸術性」って何なのか、魅せてくれましたよ!!さすが!
長野のキャンデロロとダブりました。

織田信成
緊張してるな~と思いましたが、
ジャンプは全く失敗する気がしませんでしたね!
この位置は狙い通りだと思うので、
得意のフリーで頑張って欲しい。

ブライアン・ジュベール
ここに五輪の魔物がいたorz
まさかまさかの、「ジュベールがジャンプ失敗」
このSP好きなのですが、俺様度も低くて残念…(涙)

小塚崇彦
彼も初五輪でドキドキでしたが、素晴らしかった!
足元ホント綺麗だった。ウットリと見てしまいました。
なのにPCSが伸びなくて…(涙)

パトリック・チャン
ぶっちゃけ、今日の出来で小塚選手とブレジナ選手の
上に行くとは思えない。
確かに彼はスケーティングも表現も上手だけど…
ま、地元点なのかなあ。

ジョニー・ウィアー
私はジョニーファンではないけど、
今日の彼は本当に素敵だった!
まさに彼にしか表現できない世界を魅せました。
なのにあの点数は…?

トマシュ・ベルネル
あああああ…
とうとう、今季立て直せないまま五輪でも…(涙)
潜在能力が高くて、素敵なスケートをする選手なだけに、
本当に残念。

エヴァン・ライサチェク
きましたね!
正直、からす天狗にしか見えない(爆)
不思議な「火の鳥」なのですが、持ち味のダイナミックさ、
音楽との調和ともに素晴らしかったと思います。

ジェレミー・アボット
アメリカ勢の中で一番応援しているアボットくん。
最初のコンビネーションを見た時には「いける!」
と思ったのに…でもスケーティングは本当に綺麗だった。
フリー頑張って!

ミハル・ブレジナ
シニアデビューしてからひそかに気になっていたミハルくん。
大舞台で完璧な演技!
…と、思ったのにやはりPCS伸びずorz


全体を通して、点数の出方自体は?と思うものも少しありましたが、
それでもPCS爆上げでの救済はないし、
出た順位を見る限りは順当だと思います。
若干、回転不足には甘いジャッジだったかな。
あとステップレベル4が結構出ていて、大盤振る舞いと思った(笑)

日本男子は、とにかく全員が持てる力を発揮できたのが良かった。
高橋選手の素晴らしい演技には感動したけれども、
私の中では小塚選手が一番カッコよく見えました。
決して小塚選手が得意な路線のプログラムではないのに、
見事に力強さ、男っぽさを表現していたと思います。
腕の使い方もすごく上手くなっていた。
2008年全日本選手権フリーの「ロミオとジュリエット」以来の
胸のときめきを覚えましたとも(笑)
何より、本当にエッジ使いが美しくてよく滑っていました。
織田選手はフリーが彼の持ち味を十分活かしたプログラムなので、
フリーにはとっても期待しています☆

さて、フリー展望。
選手も四回転をやる・やらないの話をしていますが…
一言だけ。
ここまできたら、選手とコーチが下す決断が最上のものだと思うので
ファンが「四回転やらない方が~」というのはどうかと。
ペアを見ていても、回避策・安全策に切り替えた選手が
確実にそれをできたか?と言われると、違います。
回避がいい方向に出る場合もあるし、
切り替えたことで精神的にしっくりいかず、失敗することもあります。
なので、どちらを選ぶにしても、選手の挑戦を温かく見守りましょう!

私の個人的見解としては、織田選手はフリーが得意なので
まとめてくると思います。メダルも十分狙える。
高橋選手は4回転の後、いかにミスなくきっちり滑れるかが鍵。
小塚選手は3A頑張れ!
貴方のスケーティングはやはり世界でも最高レベルだよ。

あと1日、ドキドキしながらフリーを待ちたいと思います。

ボソッとつぶやき。
何となく、本当に皇帝は「世直し」のために復帰しているような
そんな気がしてしまった。そうだとしたら面白すぎるけど。

インスピレーションアートのモニター体験☆

最近の趣味で、パステルアートを友人から習っているわけですが。
教わっているうちに、やりたいことが広がって来て
今年はパステル準インストラクターを取ってみようかな~
という気持ちになりました。
「資格を取る」というよりは、自分のやりたいこと
(老人ホームでパステルのボランティアをしてみたい☆)
の実現のために、いろいろ技術を学びたいという方が
大きいのです。
で、いろんな人のパステルに触れてみたいな、と
あちこちのHPを検索して、講座も受けてみようかな、
と考えていました。
その時、ひだまりさんの「インスピレーションアート」の
モニター募集を発見!
『2010年の目標達成のお手伝いするような
波動のパステル画』

とのことで、まさに今年挑戦したいことがある私に
ピッタリな気がして、ピンときて、すぐにメッセージしました。
実は、私のおっちょこちょいな性格で、
友人の知り合いの「ひだまり」さんと勘違いをしてしまい
大変失礼なメッセージになってしまったのですが(汗)
優しく受け止めて下さり、ピンときたご縁を大事に、
と言って下さいまして、
モニター体験させて頂けることになりました♪

ひだまりさんのブログ

何度かメッセージでやり取りをさせて頂いて、
先日絵が到着しました!
とっても楽しみにしていたので、どんな絵かなーと
ドキドキしながら開封。
目標は「自分の良さを認めて活かし、人とつながっていく」
にしたのですが、私ってこういう感じなんだ、
と本当に良さを認められるような、温かくて力強い絵。
水を感じさせる絵ですが、ブルー系よりも、
ピンク・薄紫の優しくふんわりした色使いが、
とても癒される雰囲気でした。
何となく、「水っていろいろな姿を持っているけど
やっぱり水は水。わたしは、わたし。」と感じました。
(里中満智子さんの「天上の虹」にそんな話が
ちょっと出てきて、それを思い出しました)
私は私のままでいいんだ、と肯定できて、
ホッとできました。
私のことを全然知らないひだまりさんが、
私にこういう絵を描いて下さったことは
とても嬉しいし、自信にもなりました☆
すごいなあ、インスピレーションアート♪
ちゃーんと、波動は伝わるんですね。素敵!
それと、この絵と私に合うブレンドアロマも
付けて下さったのですが、この香りがまた
私の好きな、安心できる香りでした。
ベルガモットの香りを最初に感じたのですが
私が一番好きな香りです。
ベルガモットの懐の深さ、というか、
浮いたり沈んだり起伏が激しいところのある私を、
優しく調整してくれるところが心地よくて、
有難うベルガモット!といつも思っています。
好きだからよく選んでしまうのかなーと
思っていましたが、私に必要な香りでもあるのだ、
と分かって、その意味でも嬉しい発見でした。

また新しい素敵体験ができて、
幸せいっぱいになりました!
ひだまりさん、本当に有難うございました。
まだ今月いっぱい、インスピレーションアートの
モニター募集は続いているようですから、
気になった方はぜひ♪
パステルシャインアートも体験できる、
『第二回サロンナビフェア』が3/22に
開催されるそうです。
http://laclear.net/index.html
(下の方にお知らせが出ています)
私も行ってみたいなあと思っています。

« 2010年2月7日 - 2010年2月13日 | トップページ | 2010年2月21日 - 2010年2月27日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini