« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »

GPSまとめ

さあ、そろそろお尻に火がついてきました(爆)
2月末にリアル引越が決定したため、さらにテンパっています…

まずはさっくりと、GPSまとめ。
本当に簡単な感想になりますので、「あーそんなこともあったね」と
読み流して下さいませ(^^;;;

今季のGPSですが、回転不足判定が多かったように思います。
ルール改正で、DGでも加点がつくことがある、と変更され
「緩和」と言われていましたが、DG判定自体は逆に苛烈になったような。
印象に残っているのは、中国杯で素晴らしいSPを披露した長洲未来選手が
フリーでDGの嵐に遭い、順位を下げてしまったこと。
演技自体が一見ミスなく素晴らしくても、これがあるから
今のフィギュアスケートは分かりませんね…。
その反面、レイチェル・フラット選手がスケートアメリカで
3-3を決めてフリー首位になったのは素晴らしかった!
DG判定があるから、3-3を外す選手が多い中
果敢に挑んで成功させたのは大きいと思います。
しかも、フラット選手は(スピンは若干弱いですが)他もまとめる力が
十分にある選手ですから、DGを取られずジャンプを跳べることは
今の採点ルールにおいて、非常に有利であると言えます。
演技的にもアメリカのダイナミックなスケートの中に、
円熟した大人の表現を感じさせる選手で、以前から定評がありました。
GPF進出を逃してしまったのが残念でしたね。
私が応援している、アシュリー・ワグナー選手は
演技のキレや表現がとても好きなのですが、
彼女もDGに遭いやすく、フリーでのスタミナが課題のようです。
でも、今年のプログラムはSP・フリーとも大好きです!
ワグナー選手のセンスが非常に生きているプログラムだと思います。
コストナー選手、浅田真央選手、中野友加里選手は
GPSでは不本意な結果になってしまいましたね…
でも、GPSだけではまだまだ分かりません!
逆に鈴木明子選手の活躍はめざましかったですね。
スケートカナダの結果には?マーク(PCSがひどい…)ですが
中国杯の見事な優勝は、世界のトップ選手に名乗りをあげる
素晴らしい出来だったと思います。
GPFでも活躍した、織田選手・安藤選手もそうですが
今のルールをよく理解し、いかに自分のスケートをするか、
という意味で、鈴木選手も戦略が素晴らしいから
自分の表現に注力できるのだと思います。
本当に引き込む力はピカイチですよね。
男子ですが、やはりこの話題は外せない。
宇宙人復活。
ロシア杯でのプルシェンコ選手の演技…いろんな意味で面白かった(笑)
彼が復帰し、4回転をさらっと決めてしまったことで
男子は4回転不要論がどこかに吹っ飛んでしまいました(^^;;;
おそるべし宇宙人。
プルシェンコ選手のスケート、実は個人的には好みではありませんが
やはり回転不足とは全く無縁のジャンプの美しさは天下一品です☆
個人的には、佐藤有香コーチについたアボット選手の美しさが一番好みです。
日本男子では小塚選手。
しかーし!
復活した高橋大輔選手、彼のキラキラにやられていますよ。
以前は応援はしているけど、一番好きな選手というわけではなかったのに
今年は完璧に持っていかれています(笑)
何が違うんだろう、と思った時、様々な要素がありますが
やはり「リンクに立つ時の心構え」が違うのだろうと思うのです。
また、今年のプログラムは全て自分のやりたかった表現。
踊ること、表現していることを楽しんでいるのが素晴らしいです。
ここは鈴木明子選手とも共通していると思います。
織田選手。彼はモロゾフコーチについて、非常に落ち着いて成長しましたね。
4回転を決める力は、日本人選手の中で織田選手が一番だと思いますが、
今の彼なら、それを入れるか入れないかだけではなく
他の要素でも自分のスケートを見せることができる。
小塚選手は今年あえて自分の得意でない方向性にチャレンジしています。
去年のSP・フリーのような路線のままいくことも可能でしたが、
まだ若いのだから、今しかやれないことをやってみるのもいいですよね。
今年はEXナンバーに驚きました。あんなに踊れている小塚選手、みたことない(笑)
NHK杯の演技はちょっと心配になりましたが、3A復活祈っています。
本当に個性の違う3人の男子選手の活躍が楽しみです。
しかし、男子はどの選手も実力伯仲ですごい!
ジョニー・ウィアー選手はGPSで完全復活しましたし、
ライサチェク選手は昨年の王者としての貫禄を見せ付けました。
ランビエール選手も復帰して、定評ある表現力で高い評価を得ています。
(GPSには不参加でしたが)
ジュベール選手の4回転は今年も健在ですし
今季はプログラムを滑りながら、柔軟に対応しまとめる演技も見られて
彼もどんどん成長しているのだなあ、と思いました。
ベルネル選手も不振ではありますが、実力は十分だと思うので
オリンピックに向けて上り調子になってほしい。
GPSは欠場しましたが、P・チャン選手も今季は4回転を練習している、
という話を聞きます。どんなプログラムか楽しみです。
GPFの男子は非常に見ごたえがあって面白かったです☆
女子は安藤選手が本当に素晴らしかったですね!
鈴木選手も表彰台☆快挙でしたねー。ま、実力的には当然という感じです。
大好きなワグナー選手の演技、素晴らしかったけど成績は残念でした。
でも、しっかり心に残りました。
ロシェット選手は、GPS・GPF通して、ジャパンオープンの時のような
安定感ある美しい演技ができておらず、元気がなさそうだったのが
気になります。やはりプレッシャーが相当かかっているのでしょうか…。
ロシェット選手の表現も好きなので、オリンピックに向けて徐々に
調子を上げて欲しいと思います。

« 2010年1月17日 - 2010年1月23日 | トップページ | 2010年2月14日 - 2010年2月20日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini