« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年8月9日 - 2009年8月15日 »

祝☆北村薫先生、直木賞受賞!

もう、不定期更新どころの騒ぎではないのですが(汗)
大変申し訳ありません…。
書きたいことはたくさんあれど、体が追いつかないという状況。
皆さまもお体は大切になさって下さいませ。
と申しましても、眼精疲労(とドライアイ)が主な原因ですので
大事ではございません。
良くなりましたら、またいろいろ更新したいと存じます。

さて、とはいえこのことだけはどうしても!
書いておかずにはいられない。
北村薫先生、直木賞受賞おめでとうございます♪
初めて候補になったのが2005年の「スキップ」ですから
実に13年半かかって、ようやく実現したわけです。
北村先生はデビューから20年のベテランでいらっしゃり、
既に山本周五郎賞の審査員もされているような方ですから
正直、何度も候補になりながら、惜しくも受賞とならず
「北村先生の場合は直木賞には合わないんだ。
でも、それは先生の作品が劣っているからではなく
温かな視点を持った作風が、時代にそぐわないだけなのだ」
と、ファンとしては複雑ながらも感じてきたものです。
実際、人の暗部や時代の闇のようなものを描いた作品が
受賞作になることが多いように思う直木賞。
登場人物が優等生的で、どこか優しい北村作品は
インパクトに欠けると言われてしまえば、その通り。
しかし、ファンからすればそれが魅力であるのだから
「甘い」の「弱い」の言われて落とされる姿を見るのは
本当に本当につらかったのです。
個人的には、「時と人」三部作が一番好きで、
直木賞候補にあがった作品では「ひとがた流し」で
絶対受賞できるはず、と思っていた私としては
今までだって素晴らしい作品がたくさんあるよ!と
声を大にして言いたいです。
いや、もちろん「鷺と雪」も素晴らしいのですけれども。
同じベッキーさんシリーズで、「玻璃の天」が受賞できず
「鷺と雪」ならOKだったのはなぜ?と思うのですが
結局、総合力での評価も大きかったのでしょうか。
あとは選考委員のメンバーというのも関係あるかも。
浅田次郎氏、宮部みゆき氏、北方謙三氏あたりは
北村作品に好意的と思われますから。
まだ選評が発表されていませんから、憶測の域ですがね。

リンク: 遅すぎた?北村薫氏の直木賞 - ココログニュース
こんな記事も見つけてしまいました(笑)
そう、遅いんです!
どちらかといえば選考委員の方に
名前をつらねていてしかるべきですよ。
なので、今回候補になっているのは知っていたものの
「どうせまた取らせてもらえないんでしょ」とやさぐれ気味で
結果も積極的に知ろうとしていなかったのですが、
ネットニュースで「直木賞は北村薫」というのが
目に飛び込んで来た時には、やはり嬉しかったのです。
ここまでの道のりで、いろいろ言いたいことはありますが
(東野圭吾さんや宮部みゆきさんの時も似た思いでした)
でも、北村先生はこの過程すら、必要なものであった、
と捉えていらっしゃるように思います。
またそういう北村先生であるからこそ、
作品があのように温かく深みがあるのだと感じます。
受賞をきっかけに、一度も読んだことがない方が
北村先生の作品を手に取ってくれること、
そして北村作品の美しい日本語に触れてくれること、
それが心から嬉しいのです。
北村先生の作品は、背筋がすっと伸びるような、
凛とした生き方をしよう、と思えるような
爽やかな読後感があります。

しかし、芥川賞と直木賞の区別が良く分かりません。
芥川→純文学、直木→大衆小説 とのことですが
「鷺と雪」なんてテーマは純文学っぽいのに。
短編ミステリーだからなのでしょうかねえ。
そういえば、横山秀夫さんの直木賞訣別や
伊坂幸太郎さんの直木賞候補辞退といったことが
過去にあって、直木賞も権威が落ちたかな…
などと思った時もありました。
ただ、やはり芥川賞や直木賞を受賞というのは
話題になりますし、賞に見合う質の高い作品、
という気はしますけれども。
東野圭吾さんは「白夜行」でとっていたら…
という話もありますが、私は「容疑者xの献身」が
より優れていると感じました。
それは人間を描いている、という点で。
角田光代さんの「対岸の彼女」も
本当に女性の描写や書き分けがすごいな、
と感じたのですよね。
北村先生のベッキーさんシリーズも
女学生・英子とベッキーさんという2人の女性の
描き分けが非常に秀逸だと思います。

長くなってしまいましたが、北村先生、
本当におめでとうございます!

さて、ブログ更新に伴いデザインを若干変更し、
ブログパーツを設置してみました。
私の性格を現した「サミシン」と
ミニプラネタリウム「Starlight mini」です。
性格占いはこちらからどうぞ。

« 2009年5月17日 - 2009年5月23日 | トップページ | 2009年8月9日 - 2009年8月15日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini