« 工作 | トップページ | ファンとして、私がしたいこと。 »

フィギュアスケート世界選手権 シングル女子ざっくり感想

大変ご無沙汰致しております。
ここのところ、ゆっくりパソコンに向かう時間が取れず、更新停滞してしまいました。
でも、どうしても今日ばかりはこの記事を上げておかねば、と思いまして
超・ざっくりですが、フィギュアスケート世界選手権 シングル女子感想です。
まずは、日本男子・女子ともオリンピック3枠獲得おめでとう!!
本当は男子もペアもアイスダンスも書きたいのですが、今日はとりあえず女子のみで…
しかも女子もwebTVと、地上波放送された人は全員演技を見ましたが、
ピックアップしてまとめて書かせて頂きます。
その前に、私のスタンスとして…
・出た結果についてはグダグダ言わない
・贔屓選手はいるが、全員がいい演技をできることが理想と考えて応援している
・ただ、今の採点システムには疑問点はある
このことを踏まえて書いております。

☆浅田真央選手
私の一番好きな選手ですが、今回は何となく元気がなかったように見えました。
それでも、SPで今季初の3F-3Lo認定。細かい振付は良くなっていたように思います。
FSの仮面舞踏会は3Aの転倒は残念でしたが、この鬼プロを滑りきってきた浅田選手に
今季は毎回感動をもらっていました。
結果は4位でしたが、私はこの順位自体には全く失望していません。
今年は挑戦の年でした。SPにしてもFSにしても、もっと良いプログラム、
もっと良い構成があることは百も承知で、それでもここまで頑張って来た
浅田選手を誇りに思います。
一番の涙腺ポイントは、FSでリンクから降りた時にタラソワコーチに
倒れこむようになり、タラソワコーチがしっかりと抱き締めていたことでした。
来季は冒険しない!とのことなので、まずは浅田選手が「真央らしく」
スケートで表現できることを祈っています。

☆安藤美姫選手
今回の世界選手権、間違いなくわたし的に一番輝いて見えたのは彼女。
SP・フリーとも綺麗にまとめました。何より、SPの時は一番何かが伝わってくる
演技でした。こういう時の安藤選手は強いですね。
フリーもシーズン途中で変えたのに、完成していました!
つらい時期を乗り越えて、一皮剥けた安藤選手。
今後の活躍に期待していきたいです!

☆村主章枝選手
さすがベテラン!の貫禄たっぷりでした。2シーズン不調に悩み、今季は敢えて
「村主ワールド」を捨てて挑んだ年でした。以前、私のブログで
「今年の村主選手は好きではない」と書きました。それは本心で、
今も思いは変わりません。ただ、だからといって「応援しない」
という意味では全くないのです。
ワールドに出たいという強い気持ちで代表を獲得し、
本番で実力を出し切った村主選手、私は尊敬しています。お疲れさまでした。

☆ジョアニー・ロシェット選手
ロシェット選手の今季プログラムはSP・FSともに良プロでした!
こういう、プログラム面での戦略というのも非常に重要なものですよね。
私はロシェットの表現、好きです。どこか大胆で、どこかセクシーで。
銀メダルおめでとう!

☆サラ・マイヤー選手
怪我のことが気がかりでしたが、直前に決めた出場でここまでやりきるとは!
少しほっそりしてしまった印象はありましたが、彼女の持ち味である
美しいスパイラルやスピンは健在でした♪
もう、これが見られただけでとっても幸せです。

☆レイチェル・フラット選手
綺麗になった!と思いました。特にFSがとても良かったと思います。
ジャンプはうまい選手だと思うので、あとはPCSが伸びてくると
もっと良くなりますよね。まだまだ彼女のスケートは伸び盛り。
来季に向けてどう変化するかすごく楽しみです。
でも、アメリカ2枠なんだよね…誰が代表になるかも熾烈だろうなあ。

☆エレーナ・ゲテバニシビリ選手
SP・FSともに和ませてもらいました~。彼女に合った素敵なプログラムでしたね。
復活の兆し、嬉しい!欧州選手権終了時はどうなることかと思いましたが、
世界選手権で10位以内に入れたことで、自信を取り戻してまた頑張って欲しいです。

☆カロリーナ・コストナー選手
SPの衣装と髪飾り、すごーく可愛かった!こういう自分演出って大事ですよね。
コストナー選手はそういうところのセンスがとってもいいと思います♪
スピードに乗った素晴らしいスケートだったSPがとてもいい出来だっただけに、
FSのミスが悔やまれる…。

☆キム・ヨナ選手
SPは今季どはまりのプログラムでしたよね。まさに選曲の勝利!
パフォーマンスや観客にアピールする力をものすごく感じます。
FSも今季の中では一番いい出来だったのではないでしょうか。
残念ながらノーミスではなかったけれど…
SP・FS通して一番勢いのある選手でしたね。さすがです。
やはり、2年連続の3位が悔しかったのでしょうね。勝ちたい気持ちが現れていました。

☆全体を通して
いろいろ物議をかもしだしているようですが、結果は結果なので
私はグダグダいいませんし、こうして場外で第三者が勝手なことを言うせいで
選手達の神経をすり減らしている面もあるように懸念しているひとりなので、
あれこれは控えます。
ま、でも個人的主観に基づく印象くらいは書いてもいいよね~。
今回、総合順位については結果通りだと思います。
が、あの得点の出方はいかん。
騒然としても仕方のないPCSのインフレだったし、
それがほぼ全選手に向けられたものだったとしても
あれは疑問ですよ。男子を引き合いに出すのはどうかと思いますが、例として
「5コンポーネンツのお手本」と言われ、昨年SP・FSとも神演技で優勝した
ジェフリー・バトルくんを挙げてみます。
彼のFSのPCSが7.89 7.75 7.86 7.89 8.00 ですよ?
全員、ちょっとずつPCS低くてもいいと思います。
キム・ヨナ選手が素晴らしい選手であることは認めますし、
3F-3T(!つきでしたけど)をSPとFSで2回跳んで、
ともに成功させていることから見ても、精度の高い技術力を持っていることは
確かです。だからこそ、今回の「全体的にしても、ちょっと出すぎ」な採点は、
かえって彼女の優勝にケチをつけることにつながりかねないと
思ったのですがね。
でも「キム・ヨナ選手には、それだけPCSで評価されるだけのものがある!」
というご意見が多いようですので、私はこの辺で退散(苦笑)

※コメントは承認制です。基本的によっぽどの誹謗中傷でなければ承認致します。
当記事と関係のないコメントは削除させて頂きます。
もし非公開希望であればその旨書いて投稿して下さい。


こっそり追記
これ、後出しになってしまうので、書くかどうかは非常に迷ったのですが一応…
浅田選手の今季の目標は「全日本選手権連覇」でした。
それは見事に達成しているんですよ。彼女はずーっと毎年の目標を達成しています。
で、来年の目標は「オリンピック金メダル」です。とっても楽しみ♪
ま、もう終わったことは言っても仕方ないことですし。
あまり言ってると、WBC後のどこかの国みたいに見苦しくなっちゃいますからねー。

« 工作 | トップページ | ファンとして、私がしたいこと。 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。
今回の世界選手権の感想、「うんうん!」と頷きながら読みました!
安藤選手、マイヤー選手、ゲテバリシヴィリ選手などなど、復活を印象づける選手がたくさんいましたね。
全体的には、完成度の高い演技が多かったな、と思います。
中でも、ヨナ選手とロシェット選手はプログラムが見事にはまったことで、演技にも自信が満ちていたな~、という印象を受けました。
浅田選手にとっては、苦しいこともあったシーズンかもしれませんが、長く競技を続けていくうえで、必ず通らなければいけない段階だと思うので、これからも進化する浅田選手の演技が楽しみです。

>skating-lifeさま

コメントレスが大変に遅くなってしまいまして、申し訳ありませんでした。
本当にコメント頂けて嬉しかったです。
世界選手権、素晴らしい演技がたくさんありましたよね。
私は何度もマイヤー選手をリピートしてしまっています。
それにしても、あれから半月あまり経ちましたが
その間に国別対抗があり、浅田選手が見事な演技を見せてくれて
すごく安堵しましたし、やはり浅田選手だな~と感心もしました。
あの世界選手権があったから、あの国別対抗の演技になったわけで、
そして、既に彼女の視線は来季、バンクーバー五輪を見据えているのだ、
と感じて、改めて彼女に感服いたしました。さすがです。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/44505097

この記事へのトラックバック一覧です: フィギュアスケート世界選手権 シングル女子ざっくり感想:

« 工作 | トップページ | ファンとして、私がしたいこと。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini