« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »

NHK杯・女子シングルSP&フリー感想

28日からNHK杯が始まっています。いよいよグランプリシリーズ最終戦です。
私の大好きな浅田真央選手が、フランス杯からどれくらい立て直せたのか。
楽しみな気持ちと心配な気持ち…複雑な心境でTV観戦しました。
生中継なので本当にドキドキしながら。

まずSP。日本人選手以外で印象に残ったのは、やはりアシュリー・ワグナー選手でした。
シニア転向2年目くらいまでは、どうしてもつなぎの悪さが目につきやすいのですが
ワグナー選手は表情豊かなスケーティングで、あまり気になりませんでした。
スピンやスパイラルにとりこぼしがないのも素晴らしいですね!
長洲未来選手はジャンプが不調でしたね。スパイラルシークエンスもレベル1で
点数が伸びませんでした。なんとなくまだ怪我から復調していないのかな、
と思うような演技でした。
レピスト選手。ジャンプはミスなし。スピンやスパイラルのレベルでとりこぼしあり。
スケートのスタイル的にはあまり私好みではないのですが、
これからまだまだ伸びそうだな、という感じがしました。
さて日本人選手。今回は鈴木明子選手が初出場!
彼女は摂食障害を乗り越えてリンクへ復帰した選手。今回がグランプリシリーズ初参戦。
日本には、まだこんなに素敵な女子選手がいるんだね!と思わせてくれるかな、と
期待していたのですが、想像以上に素晴らしい演技を見せてくれました☆
ジャンプが1Fになってしまったことだけがもったいなかったですが、
スピン、ステップでは本当に美しくて魅せられました。
世界に「これぞ鈴木明子!」と名乗りを上げた感じですよね。
中野友加里選手はコンビネーションジャンプでミスをしてしまいました。
さらに3Lzもダウングレード…まさかの54点台でSP5位。びっくりでした。
やはり怪我の具合が良くないのかと心配です。
でもスピンやスパイラルはさすがでしたね!ドーナツスピン美しい~♪
浅田真央選手。私も固唾を呑んで見守りました。
とても緊張しているのが分かって、その緊張が伝わってくるようで苦しかったです。
最初の3-3コンビネーションを跳ぶ直前の表情が写った瞬間、
「あ、これは…」と思ってしまうほど、ガチガチの表情でしたが
ジャンプは見事に決まりました!…ダウングレードはされちゃったけどね(T-T)
そして次の3Lzはついに「e」判定も「!」判定もつきませんでした!!!
加点ももらえるような、素晴らしいルッツジャンプ。
よく半年足らずでここまで矯正してきましたよね。本当に本当にすごいです。
しかし、スケート自体がいつもより固く、スパイラルでぐらついてしまってレベル1に。
これはもったいなかったです。ステップも、フランス杯の時に比べてスピードがなく
まだ緊張が解けてないんだな、と感じました。
でも、ステップに入る直前の2Aは綺麗でしたし、固いながらもミスなくまとめて、
64.64で1位。これはフリーにつながる大きな意味を持ちます。
何しろ、フランス杯での浅田選手のジャンプはボロボロでした。
それでもあれだけ人を惹きつける演技ができることは素晴らしいと思ったのですが、
ジャンプを決められなかったことで、浅田選手自身が一番悔しかったのでしょう。
「いつのころからか、ミスをしてはいけないというプレッシャーが常にある。
世界女王だからというのではない。」と浅田選手は言っていました。
ジャンプに恐怖心が出てしまえば悪循環です。NHK杯では決まって、
払拭できるよう願っていました。これで、あとはフリーで自信を持って跳んで欲しい!

そして迎えたフリー。こちらも生中継で見ました。
NHKのいいところは、6分間練習もきっちり見せてくれること!
演技だけではなく、6分間練習って結構見ていると面白いのですよ。
浅田選手がジャンプを決める度に大きな拍手が起こっていました。
ワグナー選手はジャンプも安定していて、調子が良さそう。
中野選手は今日も元気がないように見えました…ううむ。大丈夫かな。
鈴木選手もジャンプを確認しています。手の動きが綺麗。
浅田選手は最後に3Aをチェックしていましたね。ちょっと手をついてました。
いよいよ演技開始。ハッカーは飛ばして(ごめんなさい)、中野選手から。
彼女のグランプリファイナル進出を願う私としては、祈るような気持ちでした。
衣装が若干変わりましたね。胸と肩の辺りが大人っぽい。髪飾りも可愛い。
最初の3Aはやはり2Aにしてきましたね。でも、まず決まったことでホッとしました。
ここから次々ジャンプが決まり、この時点で既にウルウルしていたyu-dutsu(^^;;;
スローパートの部分の笑顔が素敵です。3Fのダウングレードは残念でしたが、
片足ステップのしぐさが可愛らしく、終盤の3連続も決まりました。
締めのドーナツスピンで思わずスタオベしていましたよ。
演技が終わった後の涙に、どれだけのプレッシャーがかかっていたかが伺えました。
中野選手はここぞという時に集中力を発揮しますよね。
続いて鈴木明子選手。曲がとても彼女に合っていると思いました。
力強くてちょっと妖艶で…氷の上で「踊って」いるという雰囲気でした。
ジャンプのミスはあったものの、ステップは一級品でとても盛り上がりましたし
プログラム全体としてのびのびと滑っていたのが印象的でした。
このリンクに立てる喜びが全身から溢れて、涙を誘われちゃいました。
得点も伸びました。鈴木選手、鮮烈デビューでしたね♪
レピスト選手。びっくりしたのは、3Lz跳んだ!確か3回転は3種類と聞いてたけど
できるようになったのですね。しかし途中までは良かったのですが、転倒してから
集中力が切れたようになってしまったのがもったいなかったです。
ワグナー選手。表現が豊かですよね。SPとフリーでがらりと変わります。
スパルタクスは力強さを感じさせる演技でした。
前半はとても良くて隙がない感じがしていましたが、3Fで手をついたところから
乱れてきてしまいました。後半のコンビネーションがうまく入らず。
でも、ステップはとても良かったです。
今回は他にもスパイラルやスピンで取りこぼしがあるようなので、
先が楽しみになってきました。今年の全米選手権は彼女が優勝かしら?
そしてそして、ついに浅田真央選手の登場です!
最初の3Aをクリーンに決めた!高くて綺麗な3Aでした。この時点で既に涙が…
次は2Aか?それとも3Aのコンビネーションか?ドキドキしていると、荒川静香さんが
「いきますね」助走のスピードを見ていれば分かりますね。どうかな…決まった!
これは歴史に残る瞬間です!!!
次の3連続もOK。3つ目のタノジャンプもぎこちなさが取れてきました。
スローパートがないまま、スピン、スパイラル、後半へ。苦手の3Sも決めた!
yu-dutsuはこの時点でもうグショグショでした。すごいすごい。
この後は3-3予定のところが3Fになってしまったものの、ミスなく見せ場のステップへ。
私はこのプログラム、ここが一番好きです。エッジを持ってツイズルするところが特に。
浅田選手も笑顔で滑っています。最後はスピンでフィニッシュ!ああ、感動で号泣…
と思いきや、ここで真央ちゃん(あえてここだけこの表現)、お手つきした(苦笑)
アッ!あらら~。本人も決めポーズの後で頭をポカポカやってましたねー。
それだけ疲れるプログラムだってことです。何せ3A2回…男子並みですから。
残念ながら、2回目の3Aがダウングレードされてしまったために
得点は思ったほどには伸びませんでしたが(130点いくと思っていましたけど)、
それでも191.13で見事な優勝☆女王、ここにありという貫禄の演技でした。
こういう、自信持って滑る浅田「ライオン」真央選手を見たかったんです(^o^)
必ず次につながっていくと思います。
3A-2Tが決まればさらにプラスですし(今回は基礎点9.5点のところ、
ダウングレード+GOEで4点しか取れませんでした)、スパイラルがレベル3でした。
今回は3-3が抜けてしまったので、もしこれを3-2にしたとしても、
もう少し上乗せがありますし、3Lzが安定してきたら、後半で入れてくる可能性もあります。
あれだけすごいプログラムで、かなりの高得点を出しているのに
まだ伸びしろがある、あのプログラム…驚異としか言いようがありません。
少なくとも、浅田選手は1人だけ別次元にいるということだけは確かです。
競技の得点のところではそういうこともありますが、フランス杯の時に比べて
つなぎ部分の細かい振り付けが減っていたので、できればそれが入った状態での
ベストな「仮面舞踏会」を世界選手権では見てみたいです。
今回はジャンプを決めるために変えていたのだろうと推測しています。
「踊り」としてはフランス杯の時の方が私は好きでした。
ステップもフランスの時の方が勢いがありましたし。
まだまだ、プログラムとしても進化していきそうで楽しみです♪
しかし、3A2回認定されなかったことに対しての浅田選手…
「悔しいですけれど、でもまた次、できれば。また次の目標が見つかったので、
大丈夫だと思います!」 と答えたそうで。素晴らしい。頑張って欲しい!
歴史が塗り替えられる瞬間は、ちょっと先に延びただけかなー、なんて。
浅田選手の演技がどんなに素晴らしかったか…
なんと、他選手のコーチや関係者席まで全部スタンディングオベーションだったとのこと。
本物の感動がそこにあったのですね。いつも冷静な荒川さんも珍しく興奮気味でしたし☆

終わってみれば、日本人3人表彰台という快挙!
鈴木選手の銀メダルも嬉しかったし、中野選手の3位&グランプリファイナル決定も
彼女の努力と根性が勝ち取ったものだと思います。
浅田選手は暗雲を振り払うことができましたね。
タラソワコーチの笑顔がとてもチャーミングでした。
グランプリファイナルも楽しみです。

明日は男子の観戦、BShiだと生中継なので、またドキドキしながら見ます。

« 2008年11月23日 - 2008年11月29日 | トップページ | 2008年12月7日 - 2008年12月13日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini