« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

「性格バトン」その2

「性格バトン」第2弾です。
こちらは、篁 樹さまから受け取りました。

《何型》
O型です。典型的なO型。認めざるを得ない。

《自己中》
多分自己中ですね。自分のために他人を蹴落とそうとは思わないけど
自分が幸せじゃないと、他人の幸せを願うことなんてできないし。

《長所は?》
長く付き合っている友人からは「公平なところ」と言われるけど…
でも、特別扱いすることの喜びもあるのは重々承知だしなあー
なんて書くと、「ギラギラ」みたい?(笑)
人の良いところを見ようとするところは、自分でも長所だと思う。

《短所は?》
マイナス思考に陥るとジメジメすること。

《泣き虫》
自分のことで泣くのは好きじゃないけど、涙もろいのは確か。

《すぐ怒る》
カチンと来るのはあっても、「怒る」までいかないようにすることが多い。
怒るのが面倒くさいからだったりするが…。
でも、喜怒哀楽は激しい方だと思う。

《めんどくさがり》
これ、O型の典型なのですが、乗ってる時はジェットコースター。
ダメな時は超鈍行。なので、やっぱり面倒くさがりだと思う。

《気分屋》
基本的にはそうでもないと思うのだけど…。
たまに、親しい人にはなっちゃうかも(>_<)

《八つ当たりする》
人にはしない。物にはする。なので、たまに壊すことあり。

《怒鳴る》
怒鳴るのは好きじゃないけど、もともと声が大きいので、
感情的になると迫力出ちゃうみたい。

《命令する》
命令は嫌いです。
でも、遠まわしにそうなるように仕向けてる(策士?)な面はあるかも。

《物にあたる》
かなりある。物を壊して後悔する。

《優しい》
あまり優しくないと思う。

《毎日笑顔》
できる限りは。

《遠慮なく何でも言う》
親しい人には。
本音と建前を使い分けるのは苦手ですが、言っても無駄な人には
敢えて適当にかわす対応をしてしまうことも。

《わがまま》
自分ではそうだと思っています。

《おとなしい》
絶対見えない(笑) 

《無愛想》
緊張していると笑顔が出ないので、そう見られることもあるかも…。
あと、人見知りはしないけど、自分から積極的にいくわけじゃないので
そうなると、やっぱり無愛想なのかな?

《どちらかと言うと姫?》
いやいやいや。
どちらかというと姐御。

《ズバリ性格良い?悪い?》
良いか悪いかでは分けられないと思う…。

《自分で思う性格》
思い込みが激しいタイプのO型

《人に言われること》
真面目、おおらか、優しい

《男女関係なく友達の理想》
嘘のない人。自分に正直な人。
本音で付き合える人。

《好きな異性の理想》
相手の気持ちを思いやれる人。

《最近言われて嬉しかったこと》
「ありがとう」
この言葉は本当に魔法のように心を温めてくれる。

《バトンの送り主の顔を見たことある?》
あります!最近では絡みが減ってしまい、申し訳ないし残念ですが、
以前はイベントにご一緒させて頂いていて、お世話になりっぱなしの方です。

《送り主の印象は》
めっちゃカッコいい容姿に、冷静さと熱さを兼ね備えた
憧れのお姉さまです☆

《次に回す人(思い浮かんだ人を適当にどうぞ)》
忘れられた頃にUPしているので(汗)
アンカーとさせていただきたく存じます。

「性格バトン」その1

もうだいぶ前…お2人の方から「性格バトン」を受け取りました。
内容的にちょっとかぶっていますが、連続で2つUPします。
最初は、新菜雅さまから受け取りました、性格バトンです。

○自分で思う性格
お人よしだけど、人が思うほどには「いい人」でも「優しい人」でもないかな。
利害で動くタイプではないけど、冷静に分析するところはあるというか。
情には厚いと思うけど、情に流されないところもあるというか。
そういう相反するものを内包しているタイプだと思う。

男性的か女性的か、っていう話になると
自分では男性的だと思ってたけど、そうでもないらしい、
と三十路に入ってから気づいた(苦笑)。
それまでは、男に生まれたら幸せだったかも…と考えていた時もある。
でも、理屈より感情、結論より共感を求めるところはとっても女性的。
白黒はっきりさせたいのも、ある意味女性の特徴だし。

あと、典型的なO型だなあと思う。
飽きっぽいけど凝り性とか。
おおざっぱなのに、妙なところに細かかったり。
態度でかいのに小心者だったり。
人見知りしないようで、核心はなかなか見せなかったり。
明るくしているけど、実は悩んでたりとか。
いろんなことを(気づかなくてもいいようなことまで)
読み取ってしまって息詰まるところも…。
姉御肌なところもそうかな。
「O型 自分の説明書」はかなり当てはまってて笑った。

結構、人からは相談されることが多いので
元来は、思い込みが激しいタイプではあるのだけど
できるだけ、いろんな角度から物事を見るようにしています。
おおらかに見られることも多いけど、実はもとは神経質で
気にしなくていいことをクヨクヨ考えるところがあるかな。


○人に言われる性格
上ともかぶるけど、「真面目」「おおらか」「素直」かなあ。
「テンション高い」「気さく」「面倒見がいい」
「お調子者」も言われたことある。


○男女関係なく友達の理想
嘘のない人。自分に正直な人。
本音で付き合える人。


○好きな異性の理想
私の話をちゃんと聞いた上で、自分の意見をはっきり言う人。
でも頭ごなしではなく。
相手の気持ちを思いやれる人。


○最近言われて嬉しかったこと
「ありがとう」という言葉は、どんな場面で言われてもすごく嬉しい。
だから、自分もたくさん言おうと思っている。


○バトンの送り主の顔は見たことある?
もちろんです。最近は頻繁にはお会いできませんが、とっても素敵な方です☆


○送り主の印象は?
優しい中にも芯がしっかりしていて、心はとっても熱く、
すごーく可愛らしい方です☆
「愛」溢れる行動の数々…ホント素敵♪


○次に回す人
遅れまくったので、アンカーということで…
この項目も、回さないのでパス。

ひっそりと、復活宣言。

皆さま、ご無沙汰しておりました。
ブログ放置魔のyu-dutsuです…。とりあえず、生きておりました。
この度、気まぐれ更新ではありますが、復活宣言します。
でも、毎回更新停止しては、復活宣言をして、数ヶ月も持たずにまた休止状態に入るので(汗)
今回は、ひっそりと再開し、のんびり更新していきたいと思います。
ネタにしたいことは、いっぱいあります!
以下、現在yu-dutsuが関心を持っていることを列挙してみます。

☆介護関係
目立った大きな動きはないものの、アンテナは張っています。
実際働いている友人達の話によると、やはり慢性的な人手不足はどこも続いているようです。
一方で、必要な人が必要なサービスを受けられない状況(要介護が1以下になっため
必要なリハビリを受けられなくなった、など)もあります。
財源は無限にあるわけではないので、全てを国が丸抱えしろとまではいいませんが、
何が必要で、どのようにしたらその人らしい生活ができるようになるのか、
何をもって「自立」とするのか、については、よーく考えていただきたいところです。

☆ペットボトルキャップでワクチンを
最近、あちこちで紹介されているのを見かけるようになりましたが、
ペットボトルのキャップを回収して、リサイクルメーカーに買い取ってもらった資金で
子ども達にワクチンを無料提供しようというボランティア活動です。
私が参加させていただいているママサークルでも、活動に協力をしています。
いろいろな団体が行っていますが、一例として↓を紹介しますね。
キャップの貯金箱
http://www.capnochokinbako.org/index.php?a=gULAca5cDvKVh548

☆クラフトテープで手芸
P1000198
はまりました!すごく楽しいです。
お友達に教えてくれる人がいたので、ラッキーです。
私は手先がとっても不器用なので、できるか不安でしたが
不出来ではあるけれど、完成はできるようになりました♪
簡単な作品ですけどね(^^;;;
子どもが寝ている時間に、ゆったりと子育て以外のことに集中する…
こんなひとときが、とっても貴重な時間なのですよね。

☆読書
子育て本と小説、半々くらいで読んでいます。
ここしばらくで読んだのは、東野圭吾「ガリレオの苦悩」です。
今は角田光代「八日目の蝉」に着手しています。

☆テレビ
出産してからあまり見なくなりましたが、1クール2~3本、ポツポツと視聴しています。
前クールは「ネオアンジェリーク Abyss」と「ここはグリーン・ウッド」
10月からは「タイタニア」「七瀬ふたたび」「ギラギラ」を見ています。
感想は少しずつUPしていきたいなあと思っていますが、今の一押しは「ギラギラ」です☆
佐々木蔵之介さんが主演だったので、ホストものにはあまり興味がないけれど
とりあえず見てみるか…と1回目を録画してみたのですが、これが面白い!
展開はとってもベタで、ツッコミどころも満載ですが、蔵之介さんの優しく温かい雰囲気と
スポ根もののような熱いストーリーに、思わず引き込まれてしまいました。
夜の世界の虚飾と、主人公の家庭シーンのほのぼののバランスも良いし、
ホロリとさせる場面もあり、すごくいいなあと思いました。
キャストもかなり豪華ですしね~。オススメです。

☆フィギュアスケート
シーズンインしましたねー。今はグランプリシリーズが始まり、毎週楽しみにしています。
応援している選手はたくさんいるのですが、タラソワコーチに師事した
浅田真央選手の進化がすごい。
ルッツジャンプも見事に矯正できたようですし、表現力がさらに上がっているように思います。
まだ試合でプログラムを見ていないので、それが待ち遠しくて仕方ないですが、
きっとびっくりするような素敵なプログラムだろうなあと思っています。
中野友加里選手もさらにパワーアップして、とても素敵なスケートを見せてくれましたし、
安藤美姫選手の復活にも期待しています。
村主章枝選手の演劇を見るような演技も好きですし、新鋭・武田奈也選手や、
鈴木明子選手、太田由紀奈選手…皆好きです。日本女子は本当に層が厚いです。
キム・ヨナ選手の今季のSP「死の舞踏」は本人にとても合っていて、素晴らしいプログラムです。
さすが、ミッシェル・クワンを尊敬しているだけあるな、という表現力。
また、ジョアニー・ロシェット選手も今年は来そうですね。スケートカナダでの演技、
素晴らしかった。地元開催だからとはいえ、点数もかなり高かった!注目です。
男子は、私の大好きなバトル、ランビエール両選手の引退が残念ですが、
群雄割拠という感じで、実力伯仲で面白いです。
高橋大輔選手はもちろんのこと、ジュベール、ライサチェク、ウィアー選手といった
強豪に加え、ベルネル、チャン選手あたりも怖い存在。
もちろん、織田信成選手の復活や、小塚崇彦選手の成長(スケートアメリカ優勝はびっくり!
でも嬉しかった小塚ファンの私)と、目が離せません。
これから3月まで、フィギュアのシーズンをじっくり楽しみたいと思います。

以上、思いつくままに羅列してみました。
これから少しずつ、詳しく記事にしていくつもりです。
が、しっかり「記事」になるような内容にすることもあれば、
つぶやきのような記事を書くこともある、そんなゆる~いスタンスでいきたいと思います。
そうそう、お友達から受け取っているバトンも、半年以上経ってますが書きます!!
(Mさま、Rさま、超遅レスごめんなさいね)
では、これからもよろしくお願いします。

« 2008年3月23日 - 2008年3月29日 | トップページ | 2008年11月9日 - 2008年11月15日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini