« 浅田真央、2008-9シーズン発進。 | トップページ | 高橋大輔選手、今季欠場 »

小塚崇彦の成長と、浅田真央の新たな挑戦

前回に引き続き、フィギュアの話です。
エリック・ボンパール杯が終了しました。
結果は以下の通り。(点数はSP,フリー,トータルの順)

男子
1. パトリック・チャン(カナダ)  81.39 156.70 238.09
2.  小塚崇彦(日本)  77.00 153.78 230.78
3.  アルバン・プレオベール(フランス)  73.24 149.20 222.44

女子
1. ジョアニー・ロシェット(カナダ)  59.54 121.19 180.73
2. 浅田真央(日本)  58.12 109.47 167.59
3. キャロライン・ジャン(米国)  51.76 104.78 156.54

まずは男子から。
SPとフリー、両方ほぼノーミスだったチャン選手が堂々の優勝。
小塚選手はSPでまさかのフライングシットスピンでの転倒があったものの、
全てのジャンプは綺麗に決めて2位につけ、フリーでは4トーループにチャレンジ。
残念ながら、4トーループは転倒&回転不足になりましたが、その後は引きずらず
ジャンプ・スケーティングともに素晴らしい内容で、フリーと総合点のパーソナルベスト更新。
3位にはフランスの新鋭・プレオールが入りました。フリーの彼の演技は素晴らしかったです。
優勝候補だったブライアン・ジュベール選手は、SPで4回転からのコンビネーション抜け、
フリーでもジャンプのミスがあり、4位という結果に…。
でも、ジュベール選手の今季のプログラム、なかなか良いですね。
ジャンプ以外の要素がレベルアップしている印象も受けました。
これによって、チャン選手と小塚選手がグランプリファイナル決定!
小塚ファンとしては狂喜乱舞です☆

女子ですが、こちらは波乱のSPとなりました。
全員が何らかのトラブル(転倒など)に見舞われました。
ロシェット選手は3-2のコンビネーションが抜け。
浅田選手は3-3のコンビネーションのセカンドジャンプが1回転になり、
3ルッツも2回転になってしまいました。
フリーでは、3位に入ったキャロライン・ジャン選手がほぼノーミスのいい演技。
ロシェット選手もミスがありながら、121.19という高得点をマークして、優勝。
浅田選手はジャンプのミスが続き、残念ながら逆転はなりませんでした。

さて、ここから小塚選手と浅田選手について、私の考察を少し書きたいと思います。
小塚選手。もともとスケーティングの美しさには定評のある選手でしたが、
今季はそれにプラスして、ジャンプの安定感が出てきました。
実はスケートアメリカで優勝した時は、プレッシャーの少ない中で無心の勝利かな、
などとも思っていたのですが、彼の今季の安定感は本物でした。
4回転は決められていませんが、2回の3アクセルが迫力ありました。
特に2回目は、演技後半の疲れたところ、でも曲は盛り上がるところなので、
あそこで決まると「よおしっ!」と思います♪
チーム佐藤の選手は、スケートの基礎がしっかりできていて美しいな、と思います。
(中野友加里選手もそうです)
小塚選手も、ジャンプやステップのエッジワークがすごくいい。
流れるようなスケーティングですよね。
何より、今季の進化は「踊れる小塚」になったことでしょうか(笑)
曲に乗って、非常によく滑っていると思います。
プログラムもメリハリがあって良いです。佐藤有香テイスト満載ではありますが。
(有香さんの滑りが思い浮かぶ人も結構いるのでは?)
これからバンクーバーに向けて、ひとつでも経験を積んで、さらに磨きをかけてほしいです。
あ、蛇足ながら。今季の世界選手権、日本男子が出場枠3つを確保できたのは
小塚選手の役割も大きかったんですよ!彼が8位を取ったことはそういう意味もありました。
あの時のことが自信になったのかもしれないですね。

浅田真央選手のことに移りましょう。
私は前の記事で浅田選手のことを語っていますが、
個人的にとても思い入れのある選手です。
フランス杯のTV放映で、SP・フリー両方の演技を見た今、思うことは…
やはり、浅田選手はすごい。その一言につきます。
今回の成績は確かにジャンプのミスが多く、結果的に優勝できなかったのも事実です。
ネットでもいろいろな感想、意見が飛び交っているのを目にしました。
でも、今季のプログラムを見る限り、チーム真央が見据えているのは今季の優勝ではなく
あくまでも、バンクーバーでのオリンピック金メダルなのだ、と分かりました。
今年は世界女王としてのシーズン。ですが、浅田真央選手は女王の座を守ることではなく、
自分の弱点を徹底的になくす方向性で、今季の練習を取り組んできた。
それがあのプログラムです。
SP「月の光」は静かな曲。盛り上がりがありません。あの曲を選ぶこと自体リスクです。
ですが、ああいう曲調をもし表現できたとしたら、今までにないプログラムになると思います。
今回はジャンプが決まらなかったのもあり、精彩を欠いてしまったところはありますが、
浅田選手が「乗って」きたら、あのプログラムはとても美しく、幻想的で優美で、
流れが途切れることのないスケートを見せてくれることでしょう。
そういう意味で、これからの進化に期待です。
フリーの「仮面舞踏会」は難易度は男子並み!
動きっぱなし、見ているこちらも疲れるようなスピード感命の鬼プログラムです。
でも、あの濃密な雰囲気があの曲の「舞踏会」で起こる殺人を含む、
独特の世界を表現しているようで、単調な曲なのに引き込まれる感じでした。
今回は滑るのに精一杯だったかな?とは思いましたが、これもこなれてくると変わりそうです。
浅田選手は力強さが苦手と言っていた覚えがあるので、苦手克服計画の一環でしょうか。
さらに注目すべきは、ジャンプ構成。今季はルッツの矯正と同時に、苦手だったサルコウを
フリーに入れてきました。結果、転倒してしまいましたが、この挑戦は必ず次につながるはず。
そしてスピン、スパイラル、ステップの見事なこと。昨年とはまた違うことを取り入れ、
スピンの回転速度は上がっていたし、スパイラルも足の開き方が良くなっていたし、
ステップに至っては、ここは氷の上ですか?と思うくらいの動きの激しさ。
ここは今年のプログラムの重要な点だと思うのです。
今季、ジャンプに関してはミスすることも織り込み済みなのかもしれないと。
だから、もしミスがあったとしても確実に他で稼げる内容にしてある。
もちろん、世界のトップ争いの中では1点、極端な時は0.1点での勝負もありますから
ミスをしない演技ができるようにすることは大事ですが、もっと先を考えて苦手を克服し、
さらなるレベルアップを目指すことにした…
というのが、浅田選手の演技を見て感じたことです。
これは本当にすごいことです。彼女は既に、世界女王なんです。
「勝つための」プログラムを組むとしたら、いくらでも今できることだけで組めると思います。
しかも、かなりの高得点をたたき出すことができるプログラムが。
でも浅田選手はそれを選ばなかった。もっと上へ――アスリートとしてのあくなき欲求が、
彼女をそこに留まらせなかったのだと思います。
それこそが、浅田選手の語った「今年は挑戦の年にしたい」ということであり、
世界女王を守るつもりなど全くないのだ、ということが分かりました。
そこまでしなくても…と思う人もいるでしょう。
でも、それが「浅田真央」なのでしょうね。だから私は応援したくなります。
まあ、今回のフランス杯でもったいなかったことと言えば、
私が衝撃を受けた「タンゴ」で見られた、圧倒的な表現力の上達が分かりにくかったこと。
緊張もあったと思いますし、あの詰まりまくったプログラムをこなすのにまだ必死、
という印象もありました。練習でやるのと、試合でやるのは全然違うでしょうから、
こればかりは場数を踏むしかないと思います。
その中で嬉しかったのは、フリーのスパイラルの時の笑顔☆素敵でした。
演技全体がああいう表情でできると、より素敵になるでしょう。

最後に、もし不安要素があるとするならば…
怪我。これだけはして欲しくないし、ないように祈っています。
私の好きなスケーターで太田由希奈選手がいます。彼女のスケートはまさに芸術。
いつまでも見ていたくなるような美しい演技です。
でも、彼女は怪我に泣かされた選手です。
日本男子のエース・高橋大輔選手も、現在怪我のため欠場していますよね…。
一度怪我をしてしまうと、もとの状態に戻せるまでにかなりの時間を要します。
なので、私はとにかく怪我だけはないように!と思っています。
それと、まだフランス杯だけしか終わっていないので取り越し苦労かもしれませんが、
世界選手権に向けて、絶対に負けてはいけない試合がひとつだけあるのです。
それはNHK杯でも、グランプリファイナルでもありません。
全日本選手権です。
この試合で3位以内に入らなければ、そもそも世界選手権に出場できません。
日本女子は国内大会が一番厳しいのではないか?と思えるくらいすごいです。
安藤美姫選手、中野友加里選手、村主章枝選手、他にもたくさんの実力者揃いです。
このメンバーと3つの枠を争います。
注目されていないけど、彗星のように上位に食い込む選手もいるかも。
実は全日本選手権が一番大変…と思います。
でも、浅田選手のこと。タラソワコーチと一緒にしっかり調整してくることでしょう!
次はNHK杯。今度は浅田選手の実力が発揮できるよう願っています。

ちなみに伊藤みどりさんがフランス杯を受けて、スポーツナビにコメントを発表しています。
こちら
これに大きく頷いた私です。

« 浅田真央、2008-9シーズン発進。 | トップページ | 高橋大輔選手、今季欠場 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

小塚選手の成長には本当に驚きました アメリカ大会1位とフランス大会2位(230点台に乗る)
織田選手もNHK杯で高得点マークしましたし世選はこの2人で3枠行けるのでは・・・ 浅田選手のフリーはどんどん良くなると思うので観る度に楽しみと緊張感が高まりますね どのポジションも本当に美しいです 全日本 四大陸 世選と続くので怪我には注意して今シーズン過ごしてほしいですね

コメント有難うございます。
お名前がなかったので宛名省略させて頂きました。

小塚選手は本当に今季良くなりましたよね。
突然技術が上がったというよりは、安定感が増した感じです。
今後は4回転より、まずはPCSを伸ばしてほしいな、と個人的には思いますが
小塚選手なら、徐々にレベルアップしていけるように思います!
浅田選手も毎年進化していて、目が離せません。
好きな選手であるという贔屓目を差し引いても、今季の彼女は素晴らしいと思います。
ひとつひとつの動作がさらに洗練されてきたら、もう無敵ですね!
本当に怪我にだけは気をつけて欲しいと願っています。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/43137695

この記事へのトラックバック一覧です: 小塚崇彦の成長と、浅田真央の新たな挑戦:

» 浅田真央選手のフランス大会、ジャンプ以外はすべて素晴らしい [Mizumizuのライフスタイル・ブログ]
フランス大会の女子フリーが終わった。浅田真央選手は、得点は最低だったが、プログラムの内容自体は予想以上に素晴らしかった。ショートの『月の光』の静謐で透明感にあふれた世界、『仮面舞踏会』のドラマチックで情熱的な世界。まったく違った世界を見事に表現して、フ...... [続きを読む]

» フィギュアスケート「エリック・ボンパール杯」(女子・フリー) [slow,snow]
優勝したのはジョアニー・ロシェット選手でした。演技が 奇麗でした。序盤から中盤にかけてギターの音色だけが流 れている中での演技、思わず見入ってしまいました!!今 日失敗したのって、コンビネーションジャンプの2回目を すかした事くらいですか。今日の演技を見てい..... [続きを読む]

« 浅田真央、2008-9シーズン発進。 | トップページ | 高橋大輔選手、今季欠場 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini