« 角田光代「八日目の蝉」 | トップページ | 小塚崇彦の成長と、浅田真央の新たな挑戦 »

浅田真央、2008-9シーズン発進。

私はフィギュアスケートの大ファンです。
もともとは伊藤みどりさんが現役の頃、彼女のトリプルアクセルの素晴らしさと、
カタリナ・ビットさんの演劇を見ているような「カルメン」に魅せられたのがきっかけ。
その後、今でも一番好きなスケーターであるフィリップ・キャンデロロとの出会いがあり、
2002年には初めてアイスショー観覧も体験しました。
その時、わずか12歳の可愛らしくも才能溢れる少女が出演していました。
彼女が「浅田真央」さんでした。
ジュニアで優勝した時には、いやーあの時見た女の子が!と感激したものですが、
毎年毎年、真央さんには驚かされ続けています。
2005年の全日本選手権、トリプルアクセル2回成功。
2007年世界選手権(東京)では、SP5位からの素晴らしい逆転劇。
残念ながら2位でしたが、本当に感動いっぱいの「チャルダッシュ」でした。
そして、2008年世界選手権フリーでは、トリプルアクセルで大転倒しながらも、
他の演技をほぼ完璧にこなして優勝。
今季は世界女王として迎えるシーズンとなりました。

浅田真央選手の魅力は何か?
私の友人がブログで「能力が飛びぬけているけど、ちょっと歌心に欠ける」と話していましたが
それには私も納得です。
要素がいっぱい詰まりすぎのプログラムで、ひとつひとつをこなすのに精一杯になってしまうと
「フィギュアという手段を使って表現する」のが難しくなることがあり、
それがマイナスに見えてしまうことがあるのだろう、と私は感じています。
ただ、私の個人的な感想ですが、浅田選手は「演じる」よりも「音になる」ことが得意かな、
と思うのです。
演劇を見るような演技ではなく、音楽を表現するというか、雰囲気を出すというか。
だから、もしかするとフィギュアに演劇的芸術性を求めるタイプの人からすると、
浅田選手は「芸術性がいまひとつ」と思われてしまうところもあるのでは、
と私は考えています。
でも、昨年のSP「バイオリンと管弦楽のためのファンタジー」のように「鳥になる」とか、
EX「So deep in the night」の「夜」を感じさせる演技は、私としては好みです。
それから、ライバルといわれているキム・ヨナ選手は「自分が100%できることを
さらに最大限磨く」のに対し、浅田選手は「とにかく今やれることは全部やる」
という違いがあります。
毎年新しいことに挑戦し、でも全てを完璧にこなすことを目標にしている。
すごく難しいことなのです。おそらく、目に見える「優勝」とか「点数」、
周りの評価よりも、一番大変なのは、浅田選手自身が心から満足できる結果を
出すことなのだろうと思います。
昨季の世界選手権優勝も、内容的には満足はできていないでしょうしね(^^;;;
でも、私はキム・ヨナ選手も、浅田真央選手も素晴らしいスケーターであると
思いますし、タイプが違うからこそ、面白いのだと思います。
実際、彼女らは親交も深いようで、いい意味で切磋琢磨できる相手なのでしょうね☆

さて、いよいよ11/14、今日からフランス杯で浅田真央選手登場です。
日本時間で言うと日付が変わった11/15の2:00頃からSPが始まるようです。
今年はタチアナ・タラソワコーチについてもらい、またウィダーのトレーナーや
管理栄養士にも体調面を見てもらって、さらに進化した浅田選手。
練習風景の報道をいくつか見ましたが、ジャンプが高くなっていましたし、
下半身が安定した感じがしました。
また、6月に行われた「Dream on Ice」では、EX「タンゴ」を披露しましたが、
私は真央さんの進化に心をすっかり奪われてしまいました。
男女の踊りを同時に表現しつつ、女性パートでは小悪魔的な表情も見せ、
そしてタンゴステップ!昨年までの彼女にはなかった表現でした。
(まあ、タンゴステップはさすがタラソワコーチ、彼女の以前の教え子である
アレクセイ・ヤグディンを彷彿とさせる感じでしたけどね・笑)
今年のSPは「月の光」、フリーは「仮面舞踏会」。どちらもとても楽しみです。
ついに今日お披露目です。待ちに待った瞬間、プログラム内容も衣装も
どんなものか、とってもわくわくしています。
そうそう、浅田選手といえばトリプルアクセルを2回入れることについて、
クローズアップされがちですが、私はそれよりも練習風景を見るにつけて
ステップやスピンのレベルアップが著しく、またルッツジャンプの矯正も
うまくいったようですし、正直、昨季以上にトリプルアクセルひとつの成功・失敗で
左右されるような内容ではなさそうだ、と思っています。
ただ、今年からルール改正でジャンプの基礎点が上がったものの、失敗した場合の
リスクも高くなっていますので、調子によって変更はあり得るかな、と思います。
実際、フランス杯はファイナル進出のために優勝が欲しいところですので、
フリーのトリプルアクセルは1回にするとインタビューで答えていましたね。
さあ、今季の浅田真央選手、ついに発進!まずは今日のSPからです。
あと12時間くらい、ドキドキしながら「その時」を待ちたいと思います。

※ちなみにフランス杯はカナダのジョアニー・ロシェット選手もエントリーしています。
彼女、この間のスケートカナダのフリーで、キム・ヨナのスケートアメリカよりも
高い得点を出しました。跳び分けもしっかりできるし、スピン・ステップ・スパイラル、
どれをとっても一流の選手なので、私は今季、日本人選手にとっては彼女が
怖い存在だなーと思っています。
(あ、個人的にはロシェット選手はすごく好きなので、応援していますけどね)
それと、男子は私の一押し選手・小塚崇彦選手が登場です!
スケートアメリカの優勝に続き、素晴らしい成績を残してファイナル進出して欲しいです。
ジュベール選手がいるので、優勝は厳しいかもですが…でも頑張れ!

<自分用メモですが、参考になれば…>
Trophée Eric Bompard タイムスケジュール(日本時間はおおよその目安)
男子SP 11/14 15:20~17:00(日本時間 11/14 23:20~11/15 1:00)
女子SP 11/14 18:40~20:15(日本時間 11/15 2:40~4:15)
男子フリー 11/15 13:30~15:15(日本時間 11/15 21:30~23:15)
女子フリー 11/15 18:30~20:30(日本時間 11/16 2:30~4:30)

« 角田光代「八日目の蝉」 | トップページ | 小塚崇彦の成長と、浅田真央の新たな挑戦 »

フィギュアスケート」カテゴリの記事

コメント

yu-dutsuさんはじめまして
トラックバックありがとうございます。
私もみどりちゃんが現役の頃からのフィギュアスケートファンです。
カタリーナ・ビットも大好きです。
一番好きなのはエカテリーナ・ゴルデーワです。
彼女ほど優雅なスケーターを見たことがありません。
それにとても美しい人でした。
真央ちゃんの考察興味深く拝見させていただきました。
ロシア杯、NHK杯…とyu-dutsuさんのブログ楽しみしています。

>ピルリさま
コメント有難うございます。
同じ頃からのフィギュアファンとのこと、嬉しいです。
最近ではペアやアイスダンスまでは追いかけきれず、
見る機会が減ってしまいましたが、ペアの動きの親和性、
アイスダンスの氷上の舞踏も大好きです。
アニシナ&ベーゼラ組は最高でした☆
エカテリーナ・ゴルデーワも印象に残っていますよ。
今日、ちょうどNHKの番組で出ていましたね。
浅田選手に関しては贔屓目も多少はあると思いますが、
やはり稀有なスケーターであると演技を見るたび実感します。
毎年進化し続けていますよね。
いえいえ…私も素人ですので、
さして鋭い考察はできないと思いますが…(汗)
感想は何らかの形で書くと思います。
ロシア杯は村主選手が出場ですが、実は男子が気になります。
村主選手はいいところまで行けそうな予感。
男子は混戦になりそうですね。
NHK杯については、近づいたらまた記事を書きます。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/43111642

この記事へのトラックバック一覧です: 浅田真央、2008-9シーズン発進。:

» 浅田真央選手、グランプリ・シリーズ初登場(フランス大会) [Mizumizuのライフスタイル・ブログ]
いよいよ始まるグランプリ・シリーズ、フランス大会(エリック・ボンパール杯)。日本期待の浅田真央選手がグランプリ・シリーズ初参戦となる。しかし、浅田選手のグランプリ・ファイナルまでのスケジュールは過酷。ほぼ2週間に1度、3回の試合をすることになる。昨今のフ...... [続きを読む]

» 浅田真央、SP ジャンプミスで2位発信 GPフランス杯 [ネット社会、その光と影を追うー ]
フィギュアスケートのグランプリ/GPシリーズ第4戦 [続きを読む]

« 角田光代「八日目の蝉」 | トップページ | 小塚崇彦の成長と、浅田真央の新たな挑戦 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini