« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »

原爆忌に思う

62回目の原爆忌。
今年は核問題に対する政府の発言が物議をかもし、
広島も長崎も、いつになく平和への思いを強くした
原爆忌だったのではないかと思います。
私自身は広島や長崎に身内はいないのですが、
小学生の頃に読んだ「はだしのゲン」
そして、中学の時の平和教育で、原爆や戦争に対しては
幼い頃からいろいろ考えさせられてきました。

よく、「原爆投下がなければ、もっと犠牲が出ていた」
という話を聞きます。
広島・長崎の悲劇があって、戦争を先導していた日本のトップは
「もうだめだ」と諦め、ポツダム宣言を受諾した、と。
確かにその通りなのだと思います。
ただ、それが「仕方がなかった」のかどうか、と言われたら
私は、被爆された方達にとって、「仕方ない」などということは
ひとつもないと思います。
命を落とした人もいる。ひどい傷を負った人もいる。
だからこそ「No more Hirosima,Nagasaki」なのです。
「仕方ない」のは、原爆が使われたことではなく、
そこまでしないと分からなかった、日本政府の愚かさであり
犠牲になった方の命は、帰ってきません。
田中芳樹の「銀河英雄伝説」で、
ミラクル・ヤンと呼ばれたヤン・ウェンリーは
戦況がとても悪くても、生還できることで名を馳せました。
しかし、こんなエピソードがあります。
ヤンのもとに、戦死した兵士の母親から手紙が来て
「貴方も殺人者の仲間だ」と言われて、ヤンは落ち込みます。
その時は大敗したにもかかわらず、ヤン艦隊だけは
7割の兵士が生還していました。
それでも、人の命は数字ではない、ということです。
全体を見ることを意識しすぎると、このような弊害が出ます。
今回の「仕方がなかった」も、全体を見ればそうでしょうが
ひとりひとりの、かけがえのない生命を考えたら
決して、そのようなことを言うべきではないと私は思います。

広島も、長崎も、戦争も、遠い過去の出来事になりつつあります。
しかし、同じ悲劇を繰り返さないために
平和への祈りの気持ちは忘れずにいたいと思った原爆忌でした。

子育て

今年の1月に、息子を出産しました。
新米母として、6ヶ月間、文字通り無我夢中でした。
細かい「子育て」の話は、追々書いていくとして…
いやー、育児って大仕事だなあというのが実感です。

出産前、友人が
「皆、自分だけは上手く育児できる、って思うけど、崩れるものなのよね」
と言っていました。
私は不器用者なので、上手く育児できる、などとは全然考えませんでした。
でも、想像以上に大変だったというのが、正直な感想。
最初の1ヶ月は、母乳があまり出ない上に、息子の吸い方も上手くなく、
私の吸わせ方もコツがつかめていなくて、泣かせてばかりの日々。
3ヶ月までは、ひたすら抱っこ。お昼寝は抱っこでしかしないので…。
やっと少し手が離れた!と喜んだら、自分の体がボロボロ(爆)
そして、寝返りをするようになり、成長は喜ばしいけど、
目が離せなくなりました。
それでも、たったの6ヶ月間でこんなにいろんなことが起こるんだ!
と、感動の連続です。
いいことばかりではなく、悩むこともいっぱいですが。
もっと、おおらか育児を目指したいのですよね。
でも、自分の生来の気質がそれを困難にします。
社会人になってから、あまり細かいことを気にしないで、できるだけゆったり
構えるように訓練してきましたが、本来、私はとっても小心者で心配性。
ちょっとしたことですぐオロオロしてしまいます。
逆に、そうだから息子が不安になってしまうこともいっぱいある、
と分かってはいるので、なるべく気をつけていますが、頑張りすぎて
すごく疲れてしまうことも多々あります。
抜きどころをいかに見つけるか、それが私の課題です。
手抜きってことではなくて、全てに全力投球は無理なので、
どこかを重点的に頑張って、あとは多少、ゆるゆるでもOKって
思うようにしたいのです。
何でも頑張って完璧を目指す(完璧にするのは無理だけど)のは
一見良さそうに見えるけど、実は結構相手にプレッシャーも
与えてしまうかな、と思います。
自然体で、楽しく息子の成長を見守ることが一番いいことでしょうね。
それにしても、大変!と思うような状況にぶつかると、
親もこうやって私を育ててくれたんだな、としみじみと思います。
特に、私は里帰り中、散々「あんたほど育てにくい子はいなかった」
と言われ続けていたので、息子に手こずることがあっても
「きっと私よりはましなんだ…」と考えるようにしています(^^;;;

いろんな育児の悩みにぶつかる度、へこんだり疲れたりするけれど
私は望んでいた子どもを授かることができたのだから、一緒にいられる
幸福をまず味わうこと、これが大事かなあと思います。
今まで私が楽しんできたことが、子育てのために制約を受けている
側面はあるのですが、不思議と、ちっとも嫌だと思いません。
出来ないのは残念ではありますが、今は子どもが第一ですから。
それに、子どもが私の世界を広げてくれたところもたくさんあり、
その新しい世界を今は楽しんでいければいいな、と思っています。
もちろん、子どもが自立し始めて、子育てがある程度落ち着いた時
「あれっ?やりたいことがないわ」という風にはならないように、
自分の趣味も細々と続けていくつもりです。このブログのように(笑)
子どもが幼稚園に入ったら、外で働くことも考えています。

当面は息子の顔の湿疹(よだれかぶれと言われています)を治すことと、
離乳食をなるべく手作りで頑張ることが課題。
でも、やるべきことにのみ追われず、息子の成長の瞬間を
見逃さないようにしていきます。

« 2007年7月29日 - 2007年8月4日 | トップページ | 2007年8月12日 - 2007年8月18日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini