« 特養ホームさくら苑死亡事故 | トップページ | 消費者と製造者の信頼関係 »

奈良の妊婦死産

奈良から救急搬送の妊婦が流産 10病院受け入れ断る
 29日午前5時10分ごろ、大阪府高槻市富田丘町の国道171号交差点で、
奈良県橿原市の妊娠3カ月の女性(36)を搬送中だった中和広域消防組合(橿原市)の
救急車と、大阪府茨木市の宅配業の男性(51)運転の軽ワゴン車が衝突。
女性は高槻市消防本部の救急車で約40分後、約4キロ離れた同市内の高槻病院に
到着したが、流産が確認された。女性らにけがはなかった。
事故と流産の因果関係は不明だという。

女性は事故の約2時間半前の同日午前2時40分ごろに橿原市内で腹痛と出血を訴えて
119番通報したが、受け入れ可能な病院が見つからず、そのまま救急車内で待機。
10病院、延べ12番目に問い合わせに応じた高槻病院へ向けて出発するまで
約1時間半かかっていた。通報現場から病院までは直線距離で約40キロ離れていた。

奈良県では昨年8月、分娩(ぶんべん)中に意識不明になった
高崎実香さん=当時(32)=が19病院から転院を断られた末に死亡しており、
産科医療のあり方が改めて問われそうだ。

高槻署や中和広域消防組合などによると、女性は知人男性とともに近所のスーパーで
買い物をしている最中に突然、腹痛を訴え出血。同日午前2時44分、知人男性が
「過去に流産している。今も妊娠しているが、
切迫流産しているかもしれない」と119番した。

女性にかかりつけの医師はなく、通報を受けた同組合が県内の空きベッド情報を
確認したところ、県立医大病院(橿原市)にベッドがあったものの
「手術中で対応できない」と断られたという。

消防組合は大阪府内の病院に受け入れ要請を続けたが、難航。10病院、
延べ12番目に問い合わせに答えた高槻病院に搬送することが決まった。
その間、救急車はスーパーで待機。出発できたのは午前4時19分だった。

高槻署によると、救急車は赤色灯をつけて直進、青信号で進入した軽ワゴン車と
接触したという。救急隊員3人と軽ワゴン車の運転手にけがはなかった。

妊婦の救急搬送をめぐっては、近畿2府4県と福井、三重、徳島の知事でつくる
近畿ブロック知事会議が、各府県が協力して出産前後の妊婦の搬送や
受け入れ体制を確保することで合意している。(2007/08/29 10:33 産経WEB)』
《以上引用》

この報道、聞かれた方も多いのではないかと思うのですが…
いささか疑問の残る点も多いニュースでした。

確かに、産科救急の受け入れ体制を整えることは大切だと思いますし、
このような痛ましいケースをもう二度と起こさないためにも、整備は急務だと思います。
ただ、不明瞭なところがあるのです。
・妊婦さんにはなぜ、かかりつけ医がいなかったのか?
(ちゃんと妊婦健診を受けていれば、かかりつけ医がいないのはおかしい)
・通報の午前2時…そんな時間に妊婦が買い物?
いくつかブログを読んでみると、やはり同様の疑問を持った方もいて
「本人の自己管理の問題では?」という意見もありました。
私自身、出産してみて思ったのですが、妊娠は病気ではないけれど
自己管理はとても重要です。安定期と言われる5~7ヶ月にだって
何が起こるか分からないので、自分が健診を受けている医師や
救急のある産科とはいつでも連絡が取れるようにしなくてはいけないし、
当然、母子手帳も携帯していることが大事です。
この妊婦さんがどのような状況に置かれていたのか、
それは憶測になってしまうので、私はそのことには敢えて踏み込みません。
ひとつ言えるのは、失われた小さな命が可哀相…ということだけです。

この報道によって、産科救急の体制を整備する動きになってほしいですが
受け入れを断った、ということで産科バッシングになるのはどうかと思います。
実際、今回の場合はかかりつけ医との連絡がなかったために
状態が良く分からず、緊急性がはっきりしなかった、というのもあったようです。
マスコミの取り上げ方の問題だと思うのですが、この事件の背景には
産科の現場がかなりハードで、どんどん産科が減っていること、
そのため体制が取りづらくなっていること…いろいろな要素が含まれています。
地域によっては、「お産難民」などという言葉もあるくらいなのですから。
この少子化の時代にですよ。
マスコミにはぜひ、その辺りを突っ込んで欲しいものです。
産科、本当に大変な現場です。
お産って「いつ」って決まってないので、24時間体制です。
だからお産を扱わないレディースクリニック、増えてるのですよ。
先生1人では体壊しちゃいます。夜中に分娩→翌日は診察、とかやってたら。

介護の現場の話を書いていても、いつも同じように思いますが
結局、起こってしまう事故は、もちろん良くないことです。
でも、それがなぜ起きるのか、背景をしっかり見ていかないと
単なる批判になってしまうし、そんな厳しい現場で働きたいという人がいなくなります。
もしもの時、安心できる体制作りをぜひ検討して欲しいものです。

« 特養ホームさくら苑死亡事故 | トップページ | 消費者と製造者の信頼関係 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/16474635

この記事へのトラックバック一覧です: 奈良の妊婦死産:

« 特養ホームさくら苑死亡事故 | トップページ | 消費者と製造者の信頼関係 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini