« 2006年1月22日 - 2006年1月28日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »

節分

今日の記事を書く前に。
まとめてUPしてしまった分に直リンク貼っておきます。
1/16 「アンジュナ」のカレー
1/19 「容疑者xの献身」
1/22 響鬼・総括
1/25 突然現場復帰(笑)
1/28 はまった!ローソンのオリジナルドーナツ
1/31 身体からのメッセージ

今日は節分ですね。うちも豆まきして、恵方巻を食べる予定です。
夫からは「恵方巻は関東の習慣じゃないぞ」といわれましたが…。
今年だけはやるの。なぜなら、厄が明けたお祝いだから!
この3年…長かったです。体調も崩しましたし、土星in蟹座の影響も受けていたので
心身ともに静かに過ごせるようにするだけで、結構苦労する日々でした。
土星in蟹座が終わり、やっと厄も明けたわけですが、この3年間は健康の大切さを
ひしひしと痛感し、元気でいられることに感謝しました。
だから、厄があけたからと油断せず、これからも生活には気を配るつもりです。

さて。節分とは、本来立春・立夏・立秋・立冬の4つの節目を指す言葉。
それがなぜ、立春だけが節分と呼ばれているのか?といえば、
旧暦では立春前後が正月にあたることが多かったからではないかと思います。
(ただし、古今和歌集にもあるように、立春が大晦日の前に来るパターンもあるので
必ずしも立春はお正月の後ではないのです)
だから、厄年が明けるのは立春である節分ということになるわけです。

豆まきや鰯の頭をヒイラギの枝に刺しておくのは、邪気払いのため。
穀物には邪気を払う効果があるそうです。日本神話でのイザナギ・イザナミの黄泉話でも
桃が邪気払いに使われていますね。
でも、鰯の頭が悪臭を放つから邪気が払われる、といわれるとちょっと笑ってしまいます。
中には「鬼は内、福は内」という地方もあるとか。
それぞれの地方の特色があって面白いですね。

身体からのメッセージ

私が通わせてもらっている素敵なリフレサロンがあります。
この間も体のメンテナンスのために行って来ました。
サロン経営者のヤスミンさんが、笑顔も心も素敵な人で、本当に癒されます。

私はぎっくり腰を11年前にやり、それ以来整体にもかかっているので
東洋医学の持つ力には信頼を置いています。
一つ間違うと、ちょっと怪しげな雰囲気が漂ってしまう東洋医学ですが
「気」の流れを整えたり、生命力に働きかけたりする方法は
人体のつくりから考えても合理的なものだと思うんですよねえ。

ヤスミンさんとも先日お話をしたのですが、東洋医学は予防的な側面が強い。
悪くなったところを良くする効果もあるけれど、根底にあるのは、
自分で自分の悪いところを早期発見できるよう、体を整えて
異変がある時、早目に気づけるようにする感覚を磨くこと。
最終的には、ひとりひとりが自分で健康管理できるようになることが
一番理想的なのです。

足の裏はひとりひとり違って、いろんな表情が出る、といいます。
私の足は打てば響くタイプらしいです(笑)
まあ、実際の性格もかなり近いかもしれないです。
あと、確かに私は自分の体の異変に気づくのが早いです。

弱いところ、ってそれぞれ皆違うみたいですね。
私もストレスや疲れですぐに悪くなるところがあります。
ちょっとでも疲れたかな?と思ったら、無理しないで休息したり、
大丈夫、と思っても、過信しすぎず自分を労わる。
それって大事なことだな、と思います。
私は若い頃(笑)、夜勤明けでガンガン仕事したり、遊びに行ったりしすぎたので
そのツケが今回ってきていると思うこともあります。
くれぐれも、皆様お体お大事になさって、ご自愛下さいね。

ヤスミンさんの素敵なブログ♪
http://plaza.rakuten.co.jp/hirokonet/

« 2006年1月22日 - 2006年1月28日 | トップページ | 2006年2月19日 - 2006年2月25日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini