« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

「ほんまもんでいきなはれ」

あるTV番組で紹介されていたのがきっかけで、村瀬明道さんのことを知りました。
明道さんは80歳を超えられている、月心寺の庵主さまですが、
9歳で仏門に入られてから、その人生は決して平坦なものではありませんでした。
そのご経験からだと思うのですが、仰る言葉がとても深いのです。
TVに出演されていた時、一番印象に残ったのは、悩みを打ち明ける女性に向かって
「そんなに綺麗に産んでもらって、五体満足で、何が不幸なの?」と
穏やかに、しかしきっぱりとした口調で仰っている姿でした。
この方のことをもっと知りたい!
そう思ってインターネットで検索したら、この本が見つかりました。

ほんまもんでいきなはれ
明道さんの一代記と言える内容です。法曹界のこともかなり赤裸々に綴られており、
自伝としてだけではなく、読み応えのある一冊でした。
9歳で仏門に入るまで、その後の師匠との確執、太平洋戦争を乗り越え、
33歳で知った恋心、39歳で大事故に遭われて右半身不随になってからのリハビリの日々、
そして精進料理を振舞う庵主さんとしての生活。様々なことが起こる中、
常に目の前の出来事に真剣に向き合ってきた、明道さんの生き様に圧倒され、感動します。
これだけまっすぐに生きてきたからこそ、語れる重みのある言葉たち。
明道さんは何でもストレートに書いてらっしゃいます。
ご本人も「はみだし者」と仰っていますが、本当に破天荒な尼さんです。
でも、実に読んでいて胸がすっとする本です。大変なことが多い人生だったはずなのに、
何故か明道さんが話されると、爽快な感じがするのです。
明道さんは今でも、夜中から左手と左足を使って、胡麻豆腐の仕込みで
胡麻をすっていらっしゃるそうです。宣伝もしていないのに、自分の話を聴きたい、
と言ってくれる人に対して、おもてなしの心を表すために手料理を作られるとのこと。
この方は、平成の世に生きている「ホンモノの尼さん」だと思いました。
ぜひ、関心を持たれた方はご一読下さい。おそらく、図書館にも入っていると思われます。
なぜなら、明道さんは以前、NHKで放送された「ほんまもん」の庵主さんの
モデルになられているからです。

有料老人ホームの入居者獲得合戦

今日からブログ再開しました。
週2回更新予定で、のんびりやっていきますので、宜しくお願いします。
おそらく、週1回分は介護の話題になると思います。新連載の準備も進めています。

さて、今朝「特ダネ!」を見ていたら、「有料老人ホームの入居者獲得合戦」について
特集していました。今、有料老人ホームは増加傾向にあり、特に世田谷区は激戦だとか。
そこで、いろいろな趣向を凝らしたホーム経営をしているようなのですが、
「地域に密着する」というキーワードは、やはり重要なようですね。
食堂を地域にも開放しているホームが紹介されていました。
私は、以前からずっと言っていますが、いっそ「高齢者」という枠を外してしまって
障害者も入居できるようなシステムを作り、そこに保育園も併設して子どもも預かって、
地域のセンター的役割を担うような施設作りをするのが、いろんな問題を一度に解決できて
いいような気がするんですよね。まあ、こういう施設はきっと「管轄が違う」といった理由で
なかなか作ることができないんだろうな、と思うのですが…。

これだけ有料老人ホームが増えているのも、特別養護老人ホームの待機人数の多さや
療養型施設の廃止、そして先日書いたような療養病床の削減といった、老後に対する不安が
「高いお金を出しても、安心して死ぬまで住めるところに…」というニーズにつながり、
結果、介護ビジネスへ発展したのだろうと思います。
しかし、生涯の最期をよく生きるため、お金を惜しまないとはいえ、
やはり高い買い物なだけに、入居する側は慎重になります。
お金儲けだけではなく、ホスピタリティーも発揮したような、新しい形のホームが誕生すれば
この「競争」にも意味があるのではないか、と私は思っています。
また、建物などのハード面がいくら良くても、中で働く人の質の問題は一番重要。
この分野に進出している、民間企業がどのように工夫を凝らして作り上げていくか、
期待して動向を見ていきたいと思います。

参考リンク:「あいけあ」日本有料老人ホーム紹介センター

« 2006年7月23日 - 2006年7月29日 | トップページ | 2006年8月6日 - 2006年8月12日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini