« 高齢者医療の自己負担増 | トップページ | 惜しかった、真央ちゃん »

給食費未納問題

『Sankei Webより引用

 家計にゆとりがあるのに給食費を払わない保護者が増えている。
 あまりの悪質ぶりに、法的措置を取る自治体が相次ぐ。未納分を学校側が立て替えたり、
 給食の質や量を下げて対応している事実は、教育界では“公然の秘密”。
 生活保護に上積みされた給食費を別の出費に流用する保護者もいるほどで、
 きちんと払っている保護者や教職員たちから非難の声が上がっている。(池田証志)
 「高級外車を乗り回し、携帯電話に何万円も払っているのに、給食費は払わない保護者がいる」。
 文部科学省にはこんな報告が相次いで寄せられている。外車に乗るような世帯だけではない。
 国や自治体は所得により生活保護に給食費分を上乗せして支給しているが、
 それでも給食費を滞納する保護者も多いという。
 小学校(低学年)で月3900円、中学校で月4500円の給食費(文科省発表の全国平均)。
 (中略)
 広島県や東京都でも悪質な未納事案が横行。学校側の再三の説得にも支払いに応じず、
 教員がポケットマネーで負担した例は日常茶飯事。教師や校長、PTAの役員が
 給食費を立て替えたものの、子供たちが卒業した後に踏み倒されてしまった例が絶えない。
 各自治体は、徴収員の配置やプリペイド方式の採用など“あの手この手”で踏み倒し防止に
 躍起だが、滞納する保護者の多くが「義務教育だから払いたくない」の一点張り。
 なかには「給食を出せと頼んだ覚えはない!」「給食を止められるものなら止めてみろ!」
 などとすごむ保護者もいるという。
 東京都内のある中学では、1人当たりの給食の予算は1日280円だったが、
 260円分に抑えざるを得なくなった。
 給食費の未納は、給食の質や量を低下させるという事態を招いている。
 学校給食法は、子供たちに給食を提供するよう自治体に「努めなければならない」と
 努力義務を規定。そのための設備や調理員の人件費は自治体が負担するが、
 食材費は保護者が負担するよう定めている。
 文科省学校健康教育課では「結局は保護者のモラルの問題。
 学校を通じて給食は自己負担であることへの理解を求めるしかない」と話している。 (2006.10.01)』

中学教師をされている友人から、こういう問題がある、という話は聞いていましたが…。
いやいや、呆れてしまう実態です。
経済的にきついから払わないのではなく、「義務教育だから払いたくない」だの
「止められるものなら止めてみろ!」って…。ビックリですよね。
逆ギレもいいところ、というか。
1人目の時、払わなくても給食を止められない、と分かると、2人目以降で
確信犯で払わない親もいると…。
もう、こうなってしまうと、戦後の栄養状態が心配される時代とは変わっているので、
学校給食の役割が終わったのかな?とまで思えてきます。
私の個人的な考えとしては、1日1食、バランスの取れた食事を食べるということ、
子ども達が同じものを食べるということの意味はあると思うので、
給食は続行して欲しい派なのですがね。
いっそ、親が払っていない子の給食を止めてしまったらどうなるだろう?
いじめの対象になるのではないか?とか、いろんな影響が考えられるので
そこは踏み切れないところみたいなのですが、親がここまで堂々と踏み倒すのなら
制裁で、止めてしまうのもアリかも、と思います。子どもは可哀相ですが。

« 高齢者医療の自己負担増 | トップページ | 惜しかった、真央ちゃん »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/12434256

この記事へのトラックバック一覧です: 給食費未納問題:

« 高齢者医療の自己負担増 | トップページ | 惜しかった、真央ちゃん »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini