« 乙女ゲーバトン | トップページ | 誕生日バトン »

東野圭吾「さまよう刃」を読んで

「何の罪もない愛娘が、蹂躙され殺されてしまった。
その事実を密告電話で知った父親は、犯人達に復讐を誓う。
1人を殺害、逃亡し、2人目を探し回る父親。
警察、マスコミ、一般人。父親の行動を肯定することはできないが、否定もできない…。
この復讐劇の結末は!?」

《著者からのコメント》
他人事ではない
明日にでも、この物語の『誰か』に
なるかもしれない
その時あなたの『刃』は
どこに向けられるだろう?      東野圭吾


…衝撃でしたね。
テーマとしてはよくある「レイプ殺人」「少年法」「仇討ち」といった内容ですし、
淡々と書かれた文章に違和感を覚える方もいらっしゃると思います。
(東野圭吾は「白夜行」でもそうですが、登場人物の心象表現を極力削った切り口で
文章を書き綴る傾向があると思うので、クセはありますね。)
じゃあ、どこが衝撃だったのか、というと、何も落ち度がない15歳の少女が、凄惨な目にあった上殺され、
その犯人は、罪の意識どころか「困った」くらいにしか思っていない…。
しかも、犯人は少年であるがゆえに、法では守られてしまう。
その不条理を痛感するとともに、復讐を決意する父親の思いが痛いほど分かってしまうところ。
私もこれから人の親になろうとしているわけですが、もし自分の子がそんな目に遭ったら…。
復讐は良くないことです。死刑に対しても、賛否両論あります。
しかし、私は「悪い事をした」ことを、悔いることができない人も世の中にはいるし、
そういう人が法に守られることに対し、とても違和感を覚えます。
光市の母子殺人のニュースや判決を見て、被害者の立場の弱さというものに
何故?という疑問を感じたことも事実です。
ただ、根本的なことを言えば「人が人を裁くことができるのか?」ということが、全てにつきまとうので
一概に「こうだ!」とは言えないのが難しいところ。
この作品では、様々な立場の人物が、父親に対して同情を感じながらも、
やはり「復讐」を遂げさせることが良いこと、という結論には至っていない葛藤が描かれており、
非常に考えさせられました。
また、強く感じたのは、「被害者にも、加害者にもならないような子育てとは何か?」でした。
この作品に出てきた少年の中に「引きずられてしまった」子というのがいました。
彼自身は鬼畜な行為自体には関わっていませんが、車を貸したり、誘拐現場に居合わせたりしています。
脅されて怖いから…。そういう理由で、「加害者側」になってしまう子もいるし、
手伝いだったとはいえ、彼のやったことは明らかに犯罪。
恐ろしくなりました…。
「うちの子に限って」という言葉、使いたくないですね…。
でもどう子育てしたら、人ときちんと信頼関係を築ける子になれるか。
これからの私の課題になると思います。そういう意味で、この本は非常に重かったです。
まさに、作者の言葉通り「他人事ではない」話でした。
ひとつ、思ったのは、自分が「痛い」経験をした子は、人を思いやれるようになる、ということ。
自分自身の過去を振り返っても、傷ついたり傷つけてしまったり、を繰り返して
少しずつ、人との距離やいい関係を作れるようになってきたように思います。
ただ、その時に人のせい(世間のせい、親のせい)にしてしまう子は、成長はない。
この作品の犯人達のように。
そこなんだろうな、と思いました。どう教えていけるか、自信はないけど…。

しかし、少年法というのは誰のための法律なのでしょう?
確かに、「若者は間違う、更生の機会を与えるべき」というのも良く分かります。
でも、今は明らかに、更生も何も、確信犯じゃないの!自分のしたことを悔いてもいない、
と思うような事件もたくさんあって…。
被害に遭った側が辛抱することになる、というのも不条理だと思います。
「許す」ことは大事だと思います。そのことによって、更生できる加害者もいるでしょう。
しかし、それは犯罪を犯した年齢で決まることではないように、最近では思えてなりません…。

それにしても、胎教に悪そうな本でした(苦笑)
P.S.バトンを回してくださったRさま、近々UPさせていただきますね☆

« 乙女ゲーバトン | トップページ | 誕生日バトン »

読書」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/12082845

この記事へのトラックバック一覧です: 東野圭吾「さまよう刃」を読んで:

« 乙女ゲーバトン | トップページ | 誕生日バトン »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini