« 人形町風鈴と重盛の人形焼 | トップページ | 恐ろしい話… »

消費税の増税は…

自民党総裁選挙の告示が8日に行われました。
私自身が誰が良い、ということについては、ここで明言はしませんが、
小泉首相の後というのは、やりにくいだろうなあとは思います。
安部さんはそんなことはない、と仰ってましたがね。

さて、私が気になっていること…
それは谷垣氏が提案している、「消費税増税」の話。
私はこれには大反対です。このタイミングで引き上げる意味が分からない。
社会保障を支えあう仕組みを作ることは、確かに最重要課題です。
少子高齢化の日本で、安心して暮らせるシステムを構築することができなければ
近い将来、破綻をきたすことは間違いありません。
その意味では、谷垣氏の視点は悪くない。
ただ、消費税率が5%に引き上げになった時、この増税分は
「高齢者福祉のために活用する財源」という触れ込みだったはず。
しかし、今財源が足りなくなって来ているのだとすれば、どこかに無駄遣いがあるのではないか?
計算が間違っていた、というのなら、それをきちんと数字で提示した上で、増税を訴えて欲しいのです。
国家予算自体の使い方を見直さず、増税すると言われても納得できませんし、
諸外国の税率の高さは、それに伴う保障の厚さという裏打ちあってのもの。
増税されて、挙句の果てに子どもが産まれても、高齢者が介護が必要な状態になっても、
結局はお金がかかる、という事態になるのだとしたら、とんでもない話です。
税率が高い国というのは、貯蓄をしておかなくても、「何かの時」は国が保障してくれるから
それでも生活していけるのです。北欧なんて出産費タダですよ。日本は…すごく高いですよ(涙)
さらに、「消費税」を上げるという方法は、低所得者層からも高所得者層からも、
同じように税金を取るということ。ある意味公平ですが、所得の低い人いじめであるとも言えます。
もし、所得の低い人が消費税は高いわ、介護保険料は高いわ、年金は受取額少ないわ…
となったら、どうします?介護心中とか、そういう悲しい方向性が私は心配でなりません…。

これから、健康保険料の負担率も上がってきているし、きっと国民年金も増額、
介護保険料は20歳から徴収、と変わってくるのではないかと予測されます。
そういう風にしていくのは、手っ取り早いことに感じられますが、
結局は国民の不信感を高めるだけで、現時点でも国民年金を未納している人は大勢いる。
その人達に「払わなければ年金出ませんよ」と言ったとしても、もし高齢になって実際暮らしに困ったら
生活保護を受ければいいや、と思われてしまったら、おしまいです。
本当に生活できない状態になっていたら、「アナタは国民年金未納だったので」と言ったところで
始まらないし、だから助けない、なんてことは国にはできないんですからね。
だから、増税する前によーく考えて頂きたい。
本当に無駄遣いはないんですか?

私達が税金や社会保障のためのお金を徴収されるのは、仕方のないことではあります。
でも、それが「払い損」になってしまうのだとしたら、誰でも払いたくなくなりますからね…。

« 人形町風鈴と重盛の人形焼 | トップページ | 恐ろしい話… »

経済・政治・国際」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/11876442

この記事へのトラックバック一覧です: 消費税の増税は…:

« 人形町風鈴と重盛の人形焼 | トップページ | 恐ろしい話… »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini