« 有料老人ホームの入居者獲得合戦 | トップページ | 特養入居者に性的暴言 »

「ほんまもんでいきなはれ」

あるTV番組で紹介されていたのがきっかけで、村瀬明道さんのことを知りました。
明道さんは80歳を超えられている、月心寺の庵主さまですが、
9歳で仏門に入られてから、その人生は決して平坦なものではありませんでした。
そのご経験からだと思うのですが、仰る言葉がとても深いのです。
TVに出演されていた時、一番印象に残ったのは、悩みを打ち明ける女性に向かって
「そんなに綺麗に産んでもらって、五体満足で、何が不幸なの?」と
穏やかに、しかしきっぱりとした口調で仰っている姿でした。
この方のことをもっと知りたい!
そう思ってインターネットで検索したら、この本が見つかりました。

ほんまもんでいきなはれ
明道さんの一代記と言える内容です。法曹界のこともかなり赤裸々に綴られており、
自伝としてだけではなく、読み応えのある一冊でした。
9歳で仏門に入るまで、その後の師匠との確執、太平洋戦争を乗り越え、
33歳で知った恋心、39歳で大事故に遭われて右半身不随になってからのリハビリの日々、
そして精進料理を振舞う庵主さんとしての生活。様々なことが起こる中、
常に目の前の出来事に真剣に向き合ってきた、明道さんの生き様に圧倒され、感動します。
これだけまっすぐに生きてきたからこそ、語れる重みのある言葉たち。
明道さんは何でもストレートに書いてらっしゃいます。
ご本人も「はみだし者」と仰っていますが、本当に破天荒な尼さんです。
でも、実に読んでいて胸がすっとする本です。大変なことが多い人生だったはずなのに、
何故か明道さんが話されると、爽快な感じがするのです。
明道さんは今でも、夜中から左手と左足を使って、胡麻豆腐の仕込みで
胡麻をすっていらっしゃるそうです。宣伝もしていないのに、自分の話を聴きたい、
と言ってくれる人に対して、おもてなしの心を表すために手料理を作られるとのこと。
この方は、平成の世に生きている「ホンモノの尼さん」だと思いました。
ぜひ、関心を持たれた方はご一読下さい。おそらく、図書館にも入っていると思われます。
なぜなら、明道さんは以前、NHKで放送された「ほんまもん」の庵主さんの
モデルになられているからです。

« 有料老人ホームの入居者獲得合戦 | トップページ | 特養入居者に性的暴言 »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/11266742

この記事へのトラックバック一覧です: 「ほんまもんでいきなはれ」:

« 有料老人ホームの入居者獲得合戦 | トップページ | 特養入居者に性的暴言 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini