« 「容疑者χの献身」 | トップページ | 突然現場復帰(笑) »

響鬼・総括

私がブログで紹介するくらい、大好きだった「仮面ライダー響鬼」が最終回を迎えました。
…本当に、一言では表せないくらい、いろいろありすぎました。
でも、最後まで見届けられて、良かったと今は思います。

少し総括的考察を。
そもそも「響鬼」は、仮面ライダーというより音撃戦士でした。
もし「仮面ライダー」の枠でやらなければ、
最初の路線のまま終われただろうとも思う反面、
もし「仮面ライダー」でなかったら、こんなに予算も役者も充実しなかっただろう、とも思います。
「大人の事情」にひとつ挙げるとすれば、おもちゃが派手でなかった分
売り上げが伸び悩んだのはあったと思います。

ストーリーについて。
放送中は本当にいろいろ考えちゃいましたが、問題点はひとつ。
途中からあまりにも話に整合性がなくなってしまったことは、
どうにかならなかったのかなあ…と思います。
前半で張られた伏線が全く回収されてなかったですからね。
不満はあるにはあるのですが、今思うのは「明日夢くんの成長物語」としては
ラストは何とかまとめたのではないかと。
ラストシーン。あれだけの時間しかない中、まとめるのは本当に大変だったと思います。
細川茂樹さんが公式サイトのインタビューで話していましたが、
ラストは現場で相談して決めたとのこと。
一番響鬼を愛してくれたであろう、細川さんと栩原くんの2人であのシーンを作ってくれたこと。
それが、見続けた私達に対する、役者さん・スタッフさんの精一杯だったと思います。

あー、でも、29話までは本気でクウガに匹敵する名作になると思っていたから
その意味では残念で仕方ないです。
でもそれは、他作品との優劣ではなく、あくまでも私の好みと、
他の平成ライダーとは、発しているメッセージの色が違うということです。
私は他の平成ライダーもそれぞれ、好きですし。
今回、一番悪かったと思うのは、途中での路線変更なのだと思います。

でも、細川さんをはじめ、この作品を大切にして、何かを伝えたいと頑張った
役者さんの演技から、いろんなメッセージを私は受け取りました。
一年間お疲れさまでした。有難うございました。

仮面ライダー響鬼公式HP
テレビ朝日→http://www.tv-asahi.co.jp/hibiki/
東映→http://www.toei.co.jp/tv/hibiki/

« 「容疑者χの献身」 | トップページ | 突然現場復帰(笑) »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/8473815

この記事へのトラックバック一覧です: 響鬼・総括:

« 「容疑者χの献身」 | トップページ | 突然現場復帰(笑) »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini