« 2005年7月31日 - 2005年8月6日 | トップページ | 2005年8月21日 - 2005年8月27日 »

終戦記念日

今日は終戦記念日でしたね。
私は特養でボランティアをしながら、12時を迎えました。

私自身は、戦争体験というものを持っていないにもかかわらず、
幼い頃から、マンガや小説に出てくる戦争体験が怖いと同時に
とても痛みを伴って自分に入り込んできたので、8月15日は毎年
厳粛な気分で迎えています。
たまたまかもしれませんが、私が通った学校は割と戦争教育を
しっかりとする学校だったので、それも私にとっては
恵まれてた環境だったかもしれません。
逆に、トラウマになってしまう子もいるので、難しいところですが。

不思議なことがあります。
私は戦争も戦後も、生きてはいなかった(影も形もなかった)のに
父が話していた影響か、蒸したり煮たりしたかぼちゃの匂いを嗅ぐと
戦争のことを思い出すのです。
大切な人と引き裂かれる悲しみ。
思い出のある家を失うつらさ。
本当はもっともっと、想像もつかないくらいすさまじい体験が
たくさんあって、思い出したくない匂いや光景もたくさんあるはず。
そういうのは私には分からないけど、かぼちゃの匂いは私に
戦争は二度と起こしたくないと思わせるのです。

ただ、その戦争を起こさない、というのが難しいと痛感します。
主義主張の違いもあるわけですし、それを柔軟に受け入れて
お互いの国を侵さない、と出来れば争いはなくなるのでしょうが、
そうもいかないから、戦争はなくならないわけですよね。
どうすればいいのか、私には分からないです。
ひとつ思うのは、人は所詮争うことを本能で好む、と言いますが
それはやっぱり違っていて、確かに誰かと競い合うことに快感を
覚えたり、それによって自分をより高められたりする
側面があることは認めますが、その本能が人が人を殺すための
直接的な動機にはならないと思います。
おそらく、人が武器を手にするとしたら、大事なものを守るため。
蹂躙させたくないからです。だとしたら、私も武器を手に取って
誰かと争う可能性はあるな、と思います。
そう考えると、主義主張を守るために戦う、というのは否定できない。
しかし、私のような日本の「曖昧」文化に生きていることも
悪くないな、と思うのは、「あれもこれも、どっちもいいじゃない」と
何でも受け入れられる柔らかさがあるということだな、と思います。
だからダメなんだ!と熱心に宗教をやっている友達に言われたことが
ありますが、「ノンポリ」のポリシーっていうのもあるんですよ。
それは、絶対的なものを持たないからこそ、その場その場で
一番大切なことを選び取れる力にしていきたいな、と思う次第です。

« 2005年7月31日 - 2005年8月6日 | トップページ | 2005年8月21日 - 2005年8月27日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini