« 2005年6月12日 - 2005年6月18日 | トップページ | 2005年6月26日 - 2005年7月2日 »

スーを見てきました。

恐竜博2005に行って来ました。
同行した友人が入場券をあらかじめ買っておいてくれたこともあり、スムーズに入れましたが
それでも60分待ちという混雑ぶり。超人気です。
でも、おしゃべりしながら過ごしたので、全然苦ではありませんでした。
今回の目玉は何といっても日本初上陸のT-REX「SUE(スー)」です。
もちろん複製ではあるのですが、実物大なのでその迫力に圧倒されました。
いや~、いいもの見させていただきました。一見の価値ありでしたよ。
スーの他にもトロオドン科のメイや翼竜など、本当にたくさんの恐竜の化石やレプリカが
展示されていて、恐竜の進化や種類、歴史もよく分かるようになっていました。
ダーウィンはハトを使って進化論の証明をしたので、やはりここでもハトが登場(笑)
恐竜の最終進化形態(?)は、最初鳥だったんですよね。何だか全然イメージが
違う感じはしますが、実際そうなんですよね。不思議です。
そういえば、私は高校の頃、生物の授業で「ミッシング・リンク」という言葉を聞いた時
その言葉の持つ響きが神秘的だなあ、と思った覚えがあります。
失われた環。まだ見つかっていないつながりは、たくさんあるのかもしれません。
アウストラロピテクスの誕生から数えても、私達人間の歴史は、たかだか300万年。
宇宙単位でものを考えると、あまりにも短すぎる歴史です。
私達がどこから来て、どこへ行くのかは宇宙の摂理のみぞ知ることなのかもしれません。
それでも、人は生きていくことに悩み、葛藤する生き物なのでしょうね。
たとえそれが、宇宙単位でものすごく些細なことだったとしても。

余命

リンク: @nifty:NEWS@nifty:余命半年以内の患者への告知46%…初の全国調査(読売新聞)
こんな調査結果が出たそうです。
人がいつ死ぬかなんて、本当に分からないものです。
私ももう30代、ガン宣告されてもおかしくはない年齢になりました。
いつ来るか分からない「最期」に向けて、1日1日を積み重ねていくんだな、と思います。
まあ、毎日毎日、そうやって重く考えているとやってられないので、
普段は意識していませんけどね。

この調査結果に注目したのは、自分自身のこともありますが、親のことも考えるからです。
それこそ、年齢的には親がいつどうなるか、覚悟だけはしておかないと、
と思います。嫌ですけどね…。
でも、死というのは誰にでも平等に訪れるもの。
ならば、最期までどう生きていくかを考えていきたい。
その場に直面したら、それどころじゃないかもしれないけど…。
ケース・バイ・ケースなので、必ずしも告知した方がいいとは思いませんが
私は自分なら、告知をして欲しいと思います。
病んでいる本人もつらいですが、残される人間も相当につらいことで
その人の痛みは、本人の死後も続いていきます。
本人の痛みとは違う種類のものですが、それもかなり堪える痛みです。
それなら、自分だったら、皆で残りの時間をどうしていきたいか考えたい。
綺麗事じゃないからこそ、そうしたいと思うのです。

宇宙のちり

ちりも積もれば宇宙の花、さしわたし400億km
恒星を取り巻くちりの輪、写真で見るとすごく綺麗です。
そして、この周辺に惑星もあると見られているそうです。
この恒星は、私の大好きなフォーマルハウト(南のうお座)。
肉眼で見たことがないのが残念無念。いつか見晴らしの良いところへ行って、
この目で見たい星。それがフォーマルハウト。
しかし、宇宙のちりも積もればこんな風に見えるのですね。

何だか、いろんなことで一喜一憂している自分が、こういう写真ひとつ見るだけで
「いや~、私の悩みなんて宇宙レベルで見たら小さいのよね、そもそも人生だって
宇宙時間で考えたら、一瞬に過ぎないんだもんね」と思います。
取るに足らないちっぽけな存在である私ではありますが、
だからこそなるべく遠くを見つめて生きていきたいですねえ。
(SING LIKE TALKINGの「Seasons of Change」のような気持ちです)

musicバトン

最近、脳内が音楽のことでいっぱいです。
元々、音楽なしでは生きられない人間なので、今の状況はとっても幸せ~。
でもブログが音楽ネタばかりになるのもね、というわけでネタ探しをするのですが
うまくいかず。結局、今日は友人から紹介されたこのお話で。

musicバトンというのがあるそうです。海外のブログで始まったらしいです
ある質問の答えを自分の日記に書いて、5人の人にバトンを渡していくというものだそうで。

Question!
1.コンピュータに入ってる音楽の容量は?
2.今聞いている音楽は?
3.最後に買ったCDは?
4.よく聞く、もしくは思い入れのある5曲

A1.実はコンピュータでは音楽を聴きません。
  なので、ほとんど入ってないと思う。
A2.溝口肇のチェロ 「水のオアシス」
A3.サイキックラバー「いざ行け!ビートル/I BELIEVE」です。
A4.敢えてクラシックシリーズでまとめる。
①フォーレ「レクイエム」(デュリュフレのと悩むけど。両方好き)
②ベートーヴェン「月光」
③ホルスト「惑星」
④ヴェルディ「凱旋行進曲」
⑤モーツァルト「交響曲第25番」
※順不同。ショパンは全体的に好きなのでわざとパス。
 というか、クラシックから5曲選ぶのは難しかった…。

回答としてはこんな感じですが。
ちょっと解説。レクイエム、合唱で歌うならデュリュフレがいいですねえ。
でも聴くならフォーレです。モーツァルトのも好きですね。
ベートーヴェンは他にも好きな曲はいっぱいありますが、やはり月光が一番。
私のピアノ技術では全然追いつかないのですが、どうしても弾いてみたくて
猛練習して、冒頭だけ弾けるようになりました。今は腕が落ちて弾けないでしょうけど…。
ホルストの惑星は有名な楽曲なので、皆様ご存知でしょうね。
私はやはり「火星」が好きです。「木星」は第一主題~第二主題にかけてがいいですね~。
ヴェルディ「凱旋行進曲」 は原語で歌ってみたいなあ、と思っているのですが、
なかなか覚えられません。オペラの中では、「アイーダ」大好きなんです。
モーツァルト「交響曲第25番」 はよく耳にする曲だと思うのですが、
いつ聴いても新鮮に聞こえて、すごいなあモーツァルトは、と思います。
他にもワーグナーも好きですし、バッハの「主よ、人の望みの喜びよ」も好きです。
こう書いていくと、本当にキリがないですね。5つに絞るのは難しすぎる。
もしJ-POPに限定しても、きっとすごーく悩みますね。
例えばSING LIKE TALKINGで5曲、っていうのなら、かろうじて出来ますが…。

さて、本来ならこれを5人の人に回すことになっていますが、
あえてそれはしないことにします。
でも、これを見た方が自分なりの回答を考えて下されば、音楽に対する好みや愛情を
確認できるのではないかな~と思います。
よろしければ、コメント等で聞かせて下されば嬉しいです。

« 2005年6月12日 - 2005年6月18日 | トップページ | 2005年6月26日 - 2005年7月2日 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini