« 鎌倉・江ノ島珍道中記 | トップページ | 更新止まってまして…。 »

平重衡という人

最近、私の周りでこの人の名前をよく聞きます。(理由が分かる人はニヤリとして下さい)
私は平家物語が昔から好きだった関係で、この人物のことは以前から知っていましたが
今年は大河ドラマにも出演し、一躍知名度を上げた人なのではないかと思います。
その重衡が、10/16の放送でついに刑死してしまいました。
この機会に彼のことをブログで書こうと思った次第です。

平重衡。おそらく、この人物を知っている人は「ああ、南都(大仏と興福寺)を焼いた人でしょ?」とか
奢る平家の象徴とか、そういったイメージを持っている可能性が高いかな、と思います。
確かに、東大寺の大仏は重衡と松永久秀が焼いて二度焼失しているので、仏に信仰心のない
気性の激しい人物だと思っている人もいるかもしれません。
一方、河村恵利さんや湯口聖子さんの歴史マンガには、なかなかの好青年として描かれています。
私の好きな千手の前とのエピソードが取り上げられています。

ここで私が書くのは、あくまでも「史実」に沿ったものではないということを前置きさせていただきます。
私は「平家物語」が好きですが、あれはあくまでも琵琶法師による創作ですから、
史実の重衡がどんな人物であったか、それは歴史研究資料にお任せするとして。
私が思う重衡という人物は、末っ子で平家全盛の時代に育ち、お坊ちゃん気質で怖いものなし、
自分の平家の血筋に自信と誇りを持っていたのではないかと思います。
それゆえ、自分に寄って来る人に対しては親切。
女性にも優しく、風流で雅やかな彼はモテたようで、数々の恋のエピソードも語られています。
一方、戦上手でもあり、彼が出陣する戦は負け知らずでした。
南都が焼けてしまったのも、本当は平家方は平和的解決を望んでいたにもかかわらず、
南都側がそれに応じなかったから、とも言われています。
(まあ、平家物語ですから、平家に好意的に書かれている部分はあるかも知れませんが)。

それが一の谷で敗戦してしまい、捕らえられて鎌倉に護送されます。
平家物語では、この鎌倉に送られた重衡が、頼朝にも一目置かれ、
罪人というより客人のように遇されている記述があります。
それが「千手」のところに書かれているエピソードで、私はこの話が平家物語でもかなり好きです。
私の想像では、重衡は自分の乳母子(要は乳兄弟)に裏切られて鎌倉方に捕らわれて、
南都からは罪人として引き渡せと言われ、とても傷ついていたに違いないと思います。
そして、自分のしてきたことに対する疑念のようなものにも苛まれていたのではないか、と。
出家したくとも、大仏を焼いた咎でそれも叶いません。
千手は重衡と楽を奏で、合わせたのですが、多くの言葉は交わさなくても
そういう形で共に時を過ごすことで、重衡の心を千手は癒したのではないかと思うのです。
「あな思はずや、東にもかかる優なる人のありけるよ」
と、重衡は言ったといいます。
その重衡は南都に送られることになり、鎌倉を後にします。
最期は、重衡の妻であった大納言典侍と対面し、後を追ってはいけないよ、と言って処刑されました。
大納言典侍が彼のもとへやってきたことからも、重衡が妻を大切にしていたことが伺えます。
まあ、それも、千手の話も、平家物語としての創作ですよ、と言われてしまえばそれまでですが。
ちなみに、千手は後に出家したと言われています。

この通り、重衡、実は平家物語では結構人気のある人物です。
私にとっては、今年、大河とアレの影響で、ちょっとだけ知名度が上がってくれて嬉しい限り。
興味を持たれた方は、ぜひ能の「千手」も体験してもらえたらと思います。

最後に。大河で細川茂樹さんが平重衡を演じたことも、今年私が重衡に注目していた理由のひとつ。
彼の作り出す重衡像、素敵だったと思います。特に捕らわれた後の潔さと凛とした態度は
演技上も申し分なかったように思いました。(ちょっと贔屓目なのはご容赦を。昔から細川さん好きですから)

« 鎌倉・江ノ島珍道中記 | トップページ | 更新止まってまして…。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/6474259

この記事へのトラックバック一覧です: 平重衡という人:

« 鎌倉・江ノ島珍道中記 | トップページ | 更新止まってまして…。 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini