« 明日は七夕 | トップページ | 尽きぬ好奇心、あくなき探究心 »

amanogawa

「yu-dutsuは確か佐藤竹善さん大好きだったはずなのに、ブログ始めて3ヶ月、
サイラバとゴスペラーズは出てきてSLTや佐藤竹善の記事がないってどういうこと?」
という友人のコトバが心に痛い今日この頃です(笑)
それなら、今日はちょうど七夕なので、ピッタリの「amanogawa」の話題をば。

「amanogawa」は元々、Skoopの名曲。「amanogawa」1999年に発売された彼らのシングル。
アルバム「Where do we go」にも収録されていました。
2001年のSkoop On Somebodyのアルバム「Nice’n Slow Jam」でセルフカヴァー。
この曲をめちゃくちゃ佐藤竹善さんが気に入りまして、もうずーっと「amanogawaいい!」
って言い続けてました。最初のフレーズがすごく気に入ったそうです。
(歌詞検索ここでできますよ)
そして2002年に竹善さんがシングルと、カヴァーコラボレートアルバム「Cornerstones2」で
Skoop On Somebodyも参加した形でカヴァーしました。

この曲はとにかく聴いてほしい曲です。七月の夜空、まだ忘れられない女性がいる男の想いが
切ないほど綺麗に絡み合って、胸を打ちます。言葉は要らない感じ。
Skoop On SomebodyのTAKEさんの歌い方は切なく、艶っぽく、苦しいというイメージ。
竹善さんの歌い方は優しいけど、哀しい、諦めてはいるけど…という感じがします。
SkoopVer.試聴
佐藤竹善Ver.試聴
どちらが優れている、ということではなく、どちらも素晴らしいです。後は好みですね。

特筆すべきは、竹善Ver.では最後の方、心情を表した重要な歌詞を、TAKEさんに
歌ってもらっているんですね。これは竹善さんが歌わなかったのではなく、
コラボしてくれたSkoop On Somebodyに敬意を表して、TAKEさんに歌ってもらったのでしょう。
実はこの竹善Ver.のシングルが発売された直後、期間限定でコンビニダウンロードがあり
全部竹善さんが歌った「Chikuzen Ver.」というのが存在するのです。私はMDで持っています。
これがまた…。もう、竹善さん素晴らしすぎて。技巧的に、じゃなくて。ただただ心に沁みます。
初めて聴いた時、自然に涙が出ました。
TAKEさんが歌っていたあの歌詞も、もちろんこのVer.では竹善さんが歌います。
それがまたファンには嬉しかったりもして。私はSkoop On Somebodyも好きなので
コラボもすごく嬉しかったのですが、それとはまた違った感慨がありました。

私にとって、夏の夜空といえば「amanogawa」です。
切なく、静かで、でも心から消せない、あの輝く星屑のように流れている。
そんな想いをちょっとだけ、思い出すのです。
今日はSkoopと佐藤竹善とChikuzen Ver.の3種類をヘビーローテーション中です。

※日曜日に資格試験を受けるため、明日と明後日のブログ更新は
お休みさせていただきます。また日曜にお会いしましょう!

« 明日は七夕 | トップページ | 尽きぬ好奇心、あくなき探究心 »

音楽」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/4869830

この記事へのトラックバック一覧です: amanogawa:

« 明日は七夕 | トップページ | 尽きぬ好奇心、あくなき探究心 »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini