« 脳細胞、大丈夫? | トップページ | 教えることの難しさ »

紫陽花、花菖蒲、梔子

梅雨時は雨ばかりで鬱陶しいですが、そんな中、咲き誇る花があります。
紫陽花はけぶる雨に良く似合う花として、皆さんも認識されていると思いますが、
花菖蒲の凛とした美しさも捨てがたいですね。
そして、風に乗ってふわりと通り過ぎる、梔子の甘い香りもこの時期の楽しみのひとつです。

紫陽花はいろんな色がありますよね。
酸性かアルカリ性かによって色が変わるといいます。リトマス紙のようです。
ただ、花の遺伝子によって色が決まっているという説もあるらしいですが…。
私はやはり紫陽花は青が好きです。ただ、隅田の花火という紫陽花は
白でもすごく綺麗だな~と思いました。
何年か前、紫陽花の季節に鎌倉の明月院へ行きましたが、人がいっぱいでした。
でも、並んでまで見た甲斐があったな、と思えるくらい、一面の紫陽花はすごく綺麗でした。

今週末は花菖蒲を見てくる予定です。
こうして目を楽しませてくれる花があると、雨の季節もそう悪いものではないな、と思えます。

« 脳細胞、大丈夫? | トップページ | 教えることの難しさ »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/4572914

この記事へのトラックバック一覧です: 紫陽花、花菖蒲、梔子:

« 脳細胞、大丈夫? | トップページ | 教えることの難しさ »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini