« 真・善・美 | トップページ | ミュージカル »

頑張らない

頑張っている人が大好きです。
小さい頃から、自分も「頑張りやさん」と言われたくて、すごく嫌いで苦手な「努力」を
続けてきたように思います。
元職場でも、仕事が終わるまでの間に常に100%近く頑張ってしまう傾向があり
自宅に帰るとへとへとでバタンキュー、というのはよくある話でした。

頑張るのがどうして好きかというと、自分に嘘がつけないからです。
私は人を騙すのも嫌いですし、しないようにしていますが、
人のことは、百歩譲って騙し通せるとしましょう。
でも、自分をごまかすことは一番つらいことです。
それをやすやすとやれる人は悪人かよっぽど強い人だと、私は思います。
(悪人と断定しないのは、他人のために自分を偽る人は意志が強いとも思えるからです)

ただ…。難しいのは、「頑張る」ということは、「自分の意見を強く押し通す。我を張る。」
という面もあることです。
私自身、それで何度も失敗しています。周囲が心配しているにもかかわらず、
体を壊しそうになるまで、「自分が頑張ればいいんだ」とつい、やりすぎる。
周りに「無理しないで」と言われると、「無理はしてない」と意固地になる。
堂々巡りですよね。ホント、自分は意地っ張りなところがあるなあ、と思います。
逆の立場になることも多くなった最近では、よく分かります。
そんな時、私の周りにいた人たちが、どんな痛みを味わっていたかを。

友人が落ち込んでいる時、何かが上手くいかず悩んでいる時、
うっかり「頑張って」と声をかけてしまうことがあります。
でも、そういう時はもう十分頑張っているのに、糸口がつかめない、
ということも多いわけで、その場合は「頑張って」は全然励ましにならないのです。
思いとしては「貴方が頑張っているのは、よく分かっているよ」なのに
上手く伝えられません。コミュニケーション、下手なんですね。私。
ついついおせっかいな方向にいってしまう…。結果的に失敗することも多いです。
そしてものすごく落ち込みます。

私は、頑張るのが好きです。頑張っている人も好きです。
でも、時には「頑張らなくていい」のだな、と思います。

« 真・善・美 | トップページ | ミュージカル »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

私は「頑張って」と言われるのが、なんだかあまり好きではないんです。
なので人にもいいません。
十分がんばって、そのときの自分があったりしますよね。
もっと頑張らなきゃいけないのか?と思うんですよ・・。
落ち込んでる人には「大丈夫」と言いたいし。
あ、でもほんとうにがんばらなきゃだめだろ、って人になら「がんばろーよ」と言うかも知れないな。
難しいですね。
あと頑張ってるんだよ!ってアピールもしたくないんですが、私も小さい人間なので
ついついそういう空気だしちゃうかなあ・・・(--;)

そうですね。
人によっては
「頑張って」
は嬉しくないかもしれないですね。

でもまあ普通
いちいち何が頑張ってなのか
相手に説明しないですし。

言葉の表面だけで判断しない人ならば
きっとゆうさんの気持ち
伝わってるんじゃないかと思います。

時には「頑張らなくていい」・・・
激しく同意です。

そして頑張るのが好きで
頑張っている人が好きな
そんなゆうさん
私は好きだな~と思います。
なんて・・・なんて。

>ツバッキーさん
叱咤激励、というのも、時と場合によってはおせっかい以外のなにものでもなくて
でも「もう頑張らなくていいよ」というのも、何だか慰めてるみたいで
どっちにしても、相手を傷つけてしまうことがあって…。
じゃあ声かけるな!って感じですが、何も言えないしできないけど
頑張っていることは知ってるよ、と伝えたくなるというか。
その場合に選ぶ言葉は難しい…。
私も頑張ってることをアピールしたくはないし、すごくテンパってても
なるべく平静を装うように訓練してますが、まだまだです…。

>ともっちさん
難しいのは、本気で相手が落ち込んでいる場合は、ネガティブになっているので
「頑張って」の表面を受け取って「もうこんなに頑張ってるのに!」
って、かえって気持ちが閉じてしまうかも、ってことなんです。
そもそも、落ち込んでいる人に何か言葉をかけようと思うこと自体
間違ってるんでしょうね。私にはどうすることもできないのに。
すごく無力さを感じますよ…。
私自身は、頑張るの好きなんですけどね。
でも、書いたように周りが痛い気持ちになるような頑張り方は
止めないとな~、と思います。

「頑張って」。世の中のいたるところでよく耳にするこの言葉。いや、ホントこの言葉の使い方って難しいですよねぇ。(しみじみ)
メールなどで何気に「頑張って」っていうフレーズを自分で打った時は、しばらくフリーズしてそのまま使うかどうか悩んでますもんね。その内容がたわいのないことであっても、なくても。

「頑張ってね」は「応援しているよ」という意味合いであれば
使い勝手のいい言葉なので、連発しそうになります。
私もメールだと「ここで使うべきか」と立ち止まって考えるけど
元職場では、帰りの挨拶は「お疲れさま」か
「頑張って下さい(自分の後を引き継いだ職員に)」が定番だったので
挨拶での「頑張って」はつい使ってしまいますけど。
でも、確かにリバウドさんの仰る通り、他愛のないことでも
使っていいかどうかは難しいところですね。
悩んでいる人には特に禁句かもしれません。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/91654/4330163

この記事へのトラックバック一覧です: 頑張らない:

« 真・善・美 | トップページ | ミュージカル »

2013年12月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

注意

  • 宣伝・アダルト系のコメントやトラックバックは、予告なく削除することがございます。ご了承下さい。

Starlight mini